本文へ
表示モードの切替
印刷

【2月24日】農産物(野菜等)の放射性物質安全検査の結果について-第257回-(技術支援課)

 県では、県産農産物の放射性物質安全検査を毎週行っています。
 生産者等から提供された農産物(野菜等)について分析を行ったところ、放射性物質は全て基準値以下でしたので、安全が確認されました。

1 検査地域

 高崎市、沼田市、嬬恋村、高山村、東吾妻町
 計5市町村

2 検査対象作物

 タラノメ(栽培)(3)、イチゴ(1)、ウド(1)、フキノトウ(栽培)(1)
 計6検体

3 採取日

 平成28年2月21日、22日

4 結果判明日

 平成28年2月24日

5 検査結果

    検査を行った全ての農産物について、放射性物質は検出されませんでした。
 
         分析機関:(一財)日本冷凍食品検査協会 横浜試験センター
         分析機器:ゲルマニウム半導体検出器

野菜類
市町村 品目 栽培形態 採取日 放射性セシウムの濃度(Bq/kg)
セシウム134 セシウム137
高崎市 タラノメ(栽培) 施設栽培  2月21日 検出せず
(<5.6)
検出せず
(<4.6)
沼田市 イチゴ 施設栽培  2月22日 検出せず
(<5.5)
検出せず
(<5.5)
嬬恋村 ウド 施設栽培  2月22日 検出せず
(<5.2)
検出せず
(<3.7)
高山村 タラノメ(栽培) 施設栽培  2月22日 検出せず
(<5.8)
検出せず
(<5.1)
フキノトウ(栽培) 露地栽培  2月22日 検出せず
(<6.0)
検出せず
(<5.0)
東吾妻町 タラノメ(栽培) 施設栽培  2月22日 検出せず
(<7.2)
検出せず
(<3.9)
※基準値:野菜類 放射性セシウム(セシウム134とセシウム137の合計) 100Bq/kg
※「検出せず」とは、同欄下段の( )内に記載した検出限界値を下回ったことを示す。
※初出品目はなし

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3036
FAX 027-221-8681
E-mail shienka@pref.gunma.lg.jp