トップページ > 報道提供資料 > 2016年の報道発表 > 2016年2月 > 【2月4日】遊漁用ニジマス「ハコスチ」が商標登録されました(蚕糸園芸課)

【2月4日】遊漁用ニジマス「ハコスチ」が商標登録されました(蚕糸園芸課)

 県では、強い引き具合と美しさを兼ね備えたニジマスを作出し、「ハコスチとして商標出願していましたが、平成28年1月8日付けで登録となりました。 
 現在、民間養魚場で育成中であり、今年の秋から本格的に釣り場へ供給する予定です。

1 本県はマス類の管理釣り場数が全国1位であるとともに、釣り人は引きの強い、美しい魚を求めていました。

2 そこで、観光振興や中山間地域の活性化を図るため、水産試験場では、群馬特産の魅力的な遊漁用ニジマスである「ハコスチ」を作出しました。

3 今後、動画やポスターを作成するとともに、釣り教室を開催するなど、食用の「ギンヒカリ」に続く、県産ブランド魚として広報していきます。


【ハコスチの特徴】  

・水産試験場で選抜したニジマスの、飼育し易く鰭が欠損し難い「箱島系」と引きが強い「スチールヘッド系」との交配です。 

・名前は箱島(ハコシマ)系とスチールヘッド系の交配に由来します。  

・スチールヘッド系を引き継ぐ、引きの強さを持ちます。  

・民間の管理釣り場等における試験放流でも、高い評価を得ています。
                     
                   
 

交配図


このページについてのお問い合わせ

農政部蚕糸園芸課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3095
FAX 027-243-7202
sanshien@pref.gunma.lg.jp