本文へ
表示モードの切替
印刷

【6月10日】群馬県立女子大学講演会「科学の見方、科学的見方」(女子大学)

 科学の専門家が、日常で科学を学ぶ意義や科学的なものの考え方などについて語り、いくつかのテーマをもとに日常における思い込みなどについて一緒に考えます。

 講師:家 泰弘 氏
    (日本学術振興会 理事)

    理学博士。専門分野は物性物理学。
    東京大学物性研究所の所長を経て、平成27年10月より現職。


 群馬県立女子大学では、初めての試みとして、文学部企画・主催で「群馬県立女子大学講演会」を開催します。学外講師による講演から、普段とは異なる学問分野の視点を知ることで、本学学生とくに初年次生がより広い視野をもって学問に臨むよう、大学教育の一環として、また文化的な地域貢献を目指して企画いたしました。
講演会チラシ(おもて)
1.日時 平成28年6月29日(水)午後4時20分~5時50分

2.場所 群馬県立女子大学
     教室研究棟 第26号教室

3.対象 ・本学学生
     ・科学や本学教育に興味・関心がある方

4.参加費 無料

5.申し込み 不要。直接会場へお越しください。


企画・主催: 群馬県立女子大学 文学部

このページについてのお問い合わせ

県立女子大学
〒370-1193 佐波郡玉村町上之手1395-1
電話 0270-65-8511
FAX 0270-65-9538
E-mail web_general@gpwu.ac.jp