本文へ
表示モードの切替
印刷

【9月21日】県民公開授業「芸術の現場から」を開講します(女子大学)

 群馬県立女子大学では、親しみやすい科目を中心に、学生以外の人も受講できるようにした授業で、毎週、学生と一緒に学んでいただく公開授業を開催しています。
 「芸術の現場から」は、芸術分野で活躍する、また群馬にゆかりのあるアート関係者を講師として、それぞれの現場の話題やご自身の体験談をうかがいながら、その魅力にふれるとともに、将来の目標を設定するうえでも参考にしていける科目です。
 10月10日の回では、本学名誉教授の榊原悟氏と、お茶の水女子大学名誉教授の秋山光文氏を迎え、美術館、博物館の館長たちによる対談形式の授業を行います。
 会場はすべて本学新館第1講義室で、受講料は無料です。また、事前の申し込みも必要ありません。多くの県民の皆さまの参加をお待ちしております。

1 日時

平成29年10月10日~平成30年1月23日の火曜日 午後4時20分~5時50分
※ 講師・日程一覧は、下記のとおり

2 場所

群馬県立女子大学 新館第1講義室(佐波郡玉村町上之手1395-1)
 ※ 事前の申込みは不要です。
*詳細は、県立女子大学ホームページ(外部リンク)のバナー「公開講座-公開授業」をご覧ください。

公開授業一覧表
日程 講師名 分野 講師プロフィール
10月10日 秋山光文
榊原悟
美術 秋山氏:目黒区美術館館長、お茶の水女子大学名誉教授、放送大学東京足立学習センター客員教授/榊原氏:岡崎市美術博物館・おかざき世界こども美術博物館館長、本学名誉教授、元サントリー美術館学芸員
10月17日 久野敦子 演劇・舞踊 セゾン文化財団プログラム・ディレクター。現代演劇、舞踊を支援する助成財団に勤務
10月24日 野尻浩二 美術・アニメ ホルベイン画材(株)商品企画室室長。アニメなど「石膏ボーイズ(c)」プロデューサー
10月31日 小野養豚ん 造形 豚の立体造形作家。筑波大学芸術系総合造形領域助教として現代アートの教育活動にも従事
11月7日 澤渡麻里 美術 2009年より茨城県近代美術館学芸員。2015-17年は茨城県北芸術祭実行委員会事務局に勤務
11月14日 平井良明 歴史遺産 (株)サンポウ代表取締役会長。夢だけで石材や観光・住宅部門を起業、ロックハート城復元や沼田城再建にも尽力
11月21日 玉虫美香子 舞台芸術 アーツカウンシル東京プログラム・オフィサー。コンサートなど舞台公演の企画・制作
11月28日 荒井経 絵画 東京藝術大学大学院保存修復日本画准教授、日本画家(無所属)、著書『日本画と材料』
12月 5日 佐藤麻理子 美術 TBSテレビ事業局文化事業部所属。「グエルチーノ展」「クラーナハ展」等の展覧会を担当。本学卒業生
12月12日 山本愛 造形 造形家/こども造形教室「あいのて」主宰。身近な素材で日常をちょっと楽しくする工作作家として活動
12月19日 中山奈美 演劇・舞踊 照明家。既存の表現を更新する演劇・ダンスを中心に、シンプルで大胆な光を心掛けている
1月9日 黒瀧千絵 デザイン デザイナー。アパレル全般関連の企画デザイン業務とグラフィックデザイン他企画上のディレクション業務
1月16日 石原香絵 映画 NPO法人映画保存協会代表。2010年、東京都文京区の委託事業として「文京映像史料館」を発足
1月23日 小森はるか+瀬尾夏美 映像・絵画 映像作家の小森と画家で作家の瀬尾によるアートユニット。風景と人々の言葉の記録を軸に制作

このページについてのお問い合わせ

県立女子大学
〒370-1193 佐波郡玉村町上之手1395-1
電話 0270-65-8511
FAX 0270-65-9538
E-mail web_general@gpwu.ac.jp