本文へ
表示モードの切替
印刷

【10月31日】特別支援学校向け選挙出前授業の実施について(選挙管理委員会)

 特別支援学校(主に高等部)に在籍する生徒の選挙や政治に関する親しみや理解を深め、社会参加を促進することを目的に、参加・体験型事業「選挙出前授業」を実施します。
 実施にあたっては、在籍する生徒の障害の状態に応じ、授業内容や教材等を調整し、有権者になってから役立つ知識や技能の習得を支援します。
 模擬投票では、今年9月に県選挙管理委員会が実施した選挙インターンシップの実習生が候補者役となり特別支援学校用に作成した“選挙公報”と“政見放送”を使用します。

1 実施日時及び場所等について。

(1)群馬県立聾学校

日時:平成29年11月2日(木)13時30分から15時20分まで
場所:群馬県立聾学校(前橋市天川原町1-4)会議室
対象:高等部(20名程度)
備考:模擬投票・開票は、14時30分から開始予定。

(2)群馬県立盲学校

日時:平成29年11月15日(水)13時30分から15時15分まで
場所:群馬県立盲学校(前橋市南町4-5-1)大会議室及び中会議室
対象:中学部及び高等部(20名程度)
備考:模擬投票・開票は、14時25分から開始予定。

2 実施内容について

(1)選挙講座

選挙制度の概要について、クイズも交えて説明します。

(2)選挙公報の配付

インターンシップで特別支援学校用に作成した選挙公報を配付します。
※盲学校では、通常の選挙公報に加え、点訳したものや拡大したものも使用します。

(3)政見放送の放映

インターンシップで特別支援学校用に収録した政見放送を放映します。
※聾学校では、政見放送に合わせて教員が手話通訳等を行います。

(4)模擬投票・開票

事前に配付された入場券を持って受付をし、自らの判断で投票します。
投票後は、開票作業を行い、当選人1名を発表します。
※盲学校では、実際の選挙で使用する投票用紙と同素材の模擬投票用紙に加え、点字投票用紙を使用します。

3 取材申込について

 本授業の取材につきましては、学校側の意向により、事前申込制とさせていただきます。
 事前申込がない場合、当日の教室への入室や取材は受けかねますので御注意願います。
 詳細は、お問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

選挙管理委員会
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2218
FAX 027-243-2205
E-mail senkan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。