本文へ
表示モードの切替
印刷

【2月9日】上野国分寺シンポジウムについて(文化財保護課)

 県教育委員会では、国指定史跡上野国分寺跡について、平成24年度から整備に向けた発掘調査を開始し、平成28年度に5年間にわたる発掘調査を終了しました。この調査では新たに金堂や中門・回廊等が発見され、これまで考えられていた国分寺の伽藍配置を大きく替えることになりました。
 そこで、国分寺研究の最前線で活躍する研究者を招き、今回の発掘成果の評価や、全国的な見地から見た上野国分寺の位置づけなどをテーマに下記のとおりシンポジウムを開催します。

日時

 平成30年3月10日(土) 12時30分~16時20分

会場

 群馬会館2階ホール
 (前橋市大手町2-1-1)

定員

 400名

内容

開会行事

 12時30分~13時
 前橋市指定重要無形民俗文化財
 「総社神社太々神楽」総社神社太々神楽保存会

基調報告

 13時~13時40分
 群馬県教育委員会文化財保護課 橋本淳
 「5年間の発掘調査成果」

基調講演(1)

 13時40分~14時20分
 東京大学大学院人文社会系研究科教授 佐藤信氏
 「国分寺制度と上野国分寺」

基調講演(2)

 14時20分~15時
 前国士舘大学文学部教授 須田勉氏
 「国分寺の伽藍と上野国分寺」

(休憩)

 15時~15時15分

パネルディスカッション

 15時15分~16時15分
 司会:史跡上野国分寺整備検討委員会委員長 前澤和之氏
 パネラー:須田勉氏、佐藤信氏、橋本淳

その他

 入場無料、申込不要(先着順)
 会場は一般用駐車場ありませんので、県庁県民駐車場をご利用ください。

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局文化財保護課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4684
FAX 027-243-7785
E-mail kibunkaho@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。