ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

夏のDigi田甲子園

更新日:2022年8月3日 印刷ページ表示

概要

 「夏のDigi田甲子園」とは、デジタル田園都市国家構想の実現に向けて、都道府県ごとに域内市町村の取組を選考・推薦し、そのうち特に優れたものを内閣総理大臣が表彰するものです。
 「Digi田甲子園」政府公式サイト<外部リンク>はこちら。

結果

 群馬県代表が、4部門のうち2部門で優勝、1部門で第2位になりました。

  • 実装部門(町・村) 優勝 嬬恋村
  • アイデア部門 優勝 前橋市
  • 実装部門(中核市) 第2位 前橋市

 詳しくは、「夏のDigi田甲子園」結果発表のページ<外部リンク>をご覧ください。

群馬県の代表

県内市町村を対象に募集し、応募があった取組について、群馬県による審査を経て群馬県代表が決まりました。

以下の取組・アイデアは、本選(全国大会)に進出しています。

群馬県の代表の一覧
部門 区分 自治体 事業名(外部リンク)
実装 中核市 前橋市 「マイナンバーを活用したタクシーによる高齢者等の移動支援」(PDF:993KB)<外部リンク>
安中市 「デジタルを活用した会話のコミュニケーション支援」(PDF:387KB)<外部リンク>
町・村 嬬恋村 「観光・関係人口増加のための嬬恋スマートシティ」(PDF:1.26MB)<外部リンク>
アイデア   前橋市 「めぶく EYE:視覚障がい者歩行サポートシステム」(PDF:2.96MB)<外部リンク>

※事業名をクリックすると各概要をご覧いただけます。

本選(終了しました)

 国民によるインターネット投票と有識者による審査が国によって実施され、受賞者が決定されます。

インターネット投票

投票期間

 令和4年7月12日(火曜日)から令和4年8月15日(月曜日)まで

投票方法

 内閣官房ホームページ「夏のDigi田甲子園」インターネット投票フォームから投票