本文へ
表示モードの切替
印刷

自然

 群馬県は、関東平野の北西部に位置し、平野部から山岳(さんがく)地帯までの変化に富(と)んだ自然が特徴(とくちょう)だよ。

尾瀬(おぜ)

冬の尾瀬の写真
冬の尾瀬
夏の尾瀬の写真
夏の尾瀬

 尾瀬は、群馬県、福島県、新潟(にいがた)県、栃木(とちぎ)県の4県にまたがる国立公園です。ほとんど人の手が加えられていない森林や、大きな滝(たき)、珍(めずら)しい岩石でできた山など、すばらしい景色が楽しめるほか、貴重(きちょう)な生物や植物が生きています。このような自然を守るため、自然保護(ほご)運動への取り組みも活発に行われています。
 また、国の「特別天然記念物」に指定されているほか、「ラムサール条約湿地(じょうやくしっち)」にも登録されています。

【関連リンク】
 「尾瀬」自然の宝庫

上毛三山

 赤城山(あかぎやま)・榛名山(はるなさん)・妙義山(みょうぎさん)の三つの山を総称して「上毛三山」といい、群馬県民のふるさとの山として親しまれています。

「裾野(すその)は長し」と県民に愛される赤城山(標高1,828メートル)

赤城山の写真

 長い裾野を広げた姿(すがた)が美しい赤城山は、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれています。実は一つの山ではなく、最高峰(さいこうほう)である黒檜山(くろびさん)をはじめ、駒ヶ岳(こまがたけ)・地蔵岳(じぞうだけ)・長七郎山(ちょうしちろうさん)・鍋割山(なべわりやま)などの総称です。

パワースポット「榛名神社」を抱(かか)える榛名山(標高1,449メートル)

榛名山の写真

 火山活動によってできた榛名湖と榛名富士を中心に、掃部ヶ岳(かもんがたけ)や烏帽子岳(えぼしだけ)などの外輪山(がいりんざん)が取り囲む榛名山。中腹(ちゅうふく)にある榛名神社は関東有数のパワースポットとしても知られています。

「日本三大奇勝(きしょう)」の妙義山(標高1,103メートル)

妙義山の写真

 国の名勝で日本百景にも選ばれている妙義山は、耶馬溪(やばけい)(大分)、寒霞渓(かんかけい)(香川)と並び、「日本三大奇勝」とされています。奇勝とは、奇妙(きみょう)で優(すぐ)れた景色のことです。

利根川

 みなかみ町の大水上山を源流(げんりゅう)とする利根川は、群馬県・栃木(とちぎ)県・茨城(いばらき)県・埼玉(さいたま)県・千葉県・東京都を流域(りゅういき)とし、その流域面積は約16,840平方キロメートルで、日本一を誇(ほこ)ります。流域とは、川に雨水が集まる範囲(はんい)のことです。

利根川の写真
利根川
利根川の流域画像
利根川の流域
ぐんまちゃん「とっても広いね」の画像

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。