本文へ
表示モードの切替
印刷

産業

 群馬県は、工業、農業、商業など、さまざまな産業が盛(さか)んだよ。

工業

 文明開化以来、製造(せいぞう)業の割合(わりあい)が高く、「ものづくり」産業が盛んな群馬県。県内には、高い技術(ぎじゅつ)力をもった企業(きぎょう)がたくさんあります。
 県内の上位産業を生産額(がく)でみると、自動車製造業をはじめとする「輸送(ゆそう)用機械器具製造業」の割合が最も高く、次いで、「食料品製造業」の割合が高くなっています。
 また、昔からの技術を受け継(つ)いで作られる伝統(でんとう)工芸品も数多くあります。

輸送用機械器具製造業

水平対向エンジンの写真
水平対向エンジン

世界に誇(ほこ)る「水平対向エンジン」

 群馬のものづくり産業の中でも世界に誇る先端(せんたん)技術といえるのが「水平対向エンジン」を載(の)せた振動(しんどう)の少ない自動車です。つくっているのは、太田市に製作所(せいさくしょ)がある富士重工業株式会社(ふじじゅうこうぎょうかぶしきがいしゃ)。同社は、1917(大正6)年に中島知久平(なかじまちくへい)氏が設立した中島飛行機をルーツとしています。当時、世界に誇る開発力・技術力のあった中島飛行機は、1945(昭和20)年まで、東洋最大、世界有数の航空機メーカーでした。

食料品製造業

ダノンジャパン(株)館林工場の写真
ダノンジャパン(株)館林工場

世界的企業の生産拠点

 食品産業が盛んな群馬県には、日本で「群馬だけ」という世界的な企業の工場があります。館林市にはヨーグルトでおなじみの「ダノンジャパン(株)館林工場」があり、シリアルでおなじみの「日本ケロッグ(合同)高崎(たかさき)工場」やハーゲンダッツのアイスクリームを製造する「高梨(たかなし)(株)群馬工場」が高崎市にあります。

【関連リンク】
 拠点は群馬に ~飛躍するぐんまの立地企業~

伝統工芸品

 群馬県の伝統工芸は、繊維(せんい)製品、木工品をはじめ、竹細工や金工品、陶器(とうき)・ガラス製品、和紙、瓦(かわら)、そして、だるまや創作(そうさく)こけしなどの諸(しょ)工芸品と、地域(ちいき)の風土や人々の生活の知恵(ちえ)がつくりあげた多彩(たさい)な品々が存在(そんざい)します。

伊勢崎絣の写真
伊勢崎絣(いせさきがすり)
桐生織の写真
桐生織(きりゅうおり)
高崎だるまの写真
高崎(たかさき)だるま
創作こけしの写真
創作こけし

【関連リンク】
 伝統工芸

農業

 群馬県では、豊富(ほうふ)な水と長い日照時間、標高差のある耕地(こうち)を活かし、1年を通じて多彩で多様な農畜産物(のうちくさんぶつ)が生産されています

キャベツ

キャベツ畑の写真

 嬬恋(つまごい)村を中心とした吾妻(あがつま)地域などでは、夏季の冷涼(れいりょう)な気候を活かした夏秋キャベツ(7月~10月)の生産が盛んです。一面のキャベツ畑は圧巻(あっかん)で、映画(えいが)やドラマ、CMなどのロケ地にもなっています。

こんにゃく

こんにゃくの写真

 こんにゃくいもの収穫(しゅうかく)量は、群馬県が全国の90パーセント以上を占めています。特に栽培(さいばい)が盛んなのは、昭和村、渋川(しぶかわ)市、沼田(ぬまた)市、富岡(とみおか)市など。カロリーが少なく食物繊維(せんい)が豊富なこんにゃくは、ダイエット食品として世界中で注目されています。

商業

 まちにはたくさんのお店があり、県内の経済(けいざい)を支(ささ)えています。
 群馬県における小売業の事業所数は約1万3千店、従業者(じゅうぎょうしゃ)数は約9万5千人、年間商品販売額(はんばいがく)は約2兆円となっています(平成26年商業統計調査(しょうぎょうとうけいかくほう))。
 地域別に見ると、これらはみな、高崎市・前橋市・太田市といった地域において多くなっています。

そろばんを持つぐんまちゃんの画像

【関連リンク】
 統計で見る特徴(産業)

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。