本文へ
表示モードの切替
印刷

33 観音山

【ぐんま百名山 No.33】

観音山(かんのんやま)


観音山(かんのんやま)写真

 市街地の西、約2キロメートルに位置する。街を見下ろす高さ41.8mの百衣大観音は、昭和11年に建立され、市のシンボルとして市民に愛されている。百衣大観音の裏に三角点がある。

標高

227m

関係市町村

高崎市

登山口

百衣観音下

問い合わせ

高崎市観光課 電話:027-321-1257

『わたしの百名山物語』(平成18年3月 群馬県発行)から

観音山からの夜景 (前橋市・富岡紀久)

 2004年12月5日(日)17時。眼下一面に、一見、平和な灯が広がっている。ライトアップされた高崎市役所を核に見渡す限りの光の海。国道17号線、18号線は車のライトがとぎれることなく続く。

 時は、59年前の夏にさかのぼる。私は5歳。ここ、観音山の清水寺の楼門にいた。母と兄と弟と1歳の妹の5人。1945年の7月。群馬県も米軍B29の空襲を受けるようになった。連日午後になると私達は観音山へ向った。聖石橋を渡り片岡の町を過ぎて清水寺の石段にたどり着く。四百段を小さな足で懸命に登った。そこには既に幾組かの家族が避難していた。やがて夜になり空襲警報のサイレンが鳴り渡り、頭上のキラキラと輝く機体から幾筋もの流れ星のような赤い爆弾が市街地を襲った。ある夜は東の方が、ある夜は北の方が火の海となった。8月14日の夜は高崎の中心街が。そして、その翌日、硝煙の中で終戦を迎えた。

 後年、昆虫採集や化石採りに、またシジミ蝶を追って観音山を駆け回った。昨日のことのようである。

 来年は、60回目の終戦記念日を迎える。

 

※登山や観光についてのお問い合わせは、上記問い合わせ先市役所へお願いいたします。


このページについてのお問い合わせ

環境森林部自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2872
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。