本文へ
表示モードの切替
印刷

53 白砂山

【ぐんま百名山 番号.53】

白砂山(しらすなやま)

白砂山(しらすなやま)写真

 

 上信越国境にそびえる深山。かつては秘境の名峰として知られていたが、野反湖周辺が開発され、登山道が整備されてからは訪れる人も多くなった。

標高

2140m

関係市町村

中之条町、長野県、新潟県

登山口

野反湖

問い合わせ

中之条町六合支所 電話:0279-95-3111

『わたしの百名山物語』(平成18年3月 群馬県発行)から

白砂山 (高崎市・卯木達朗)

 群馬・長野・新潟の3県にまたがり標高2140メートルと県境の稜線上にそびえるピークは山好きな者なら一度は登ってみたい山のひとつである。六合村の野反湖畔から3時間かけて樹林帯を急登すると堂岩山2051メートルで、ここからの白砂山の眺望はとうてい筆には表現できぬ見事な光景が広がる。

 堂岩山から白砂山の山頂までは1時30分の稜線歩きでアズマシャクナゲ、ハイマツ、コメツツジの高山帯の小灌木を分けて進む。さえぎるもののない眺望の素晴らしさは何度も足を止めてしまう。フウロソウの群落、花の終ったイワカガミのつやつやした葉、ウスユキソウも岩のくぼみにほころんでいる。ホシガラス、カヤクグリ、ルリビタキの亜高山鳥がことのほか多いのは環境が良好のせいなのかも知れない。

 白砂山の最後の登りは想像以上の急登だが標高が高いだけに汗も肌に心地よい。山頂からの見晴らしは苗場山、佐武流山、鳥甲山、岩菅山と県外の山容が周囲を圧巻している。山頂には皇太子殿下が登山した記念碑があり山好きな殿下の足の強さに驚かされる。

 標高と環境からして7、8月の夏季の登山が安心して思いきり自然に親しめる時季かと思う。

 

※登山や観光についてのお問い合わせは、上記問い合わせ先町役場へお願いいたします。


このページについてのお問い合わせ

環境局自然環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2872
FAX 027-243-7702
E-mail kanshizen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。