本文へ
表示モードの切替
印刷

平成27年 観光客数・消費額調査(推計)結果

平成27年の観光入込客数は、6,575万人(前年比395万人増、+6.4%)となり、観光消費額は、1,919億円(前年比75億円増、+4.1%)となった。
入込客数は、統計開始以来2番目、観光消費額は3番目に高い結果となった。
※入込客数は平成13年度の6,635万人、消費額は平成20年度の2,010億円が最高

1.観光入込客数について

【主な増減要因】

  •  中之条町は「中之条ビエンナーレ」(隔年)の開催等により79万人増加したほか、 高崎市では、「道の駅くらぶち小栗の里」の新規追加等により76万人増加した。
  •  一方、太田市では、昨年、合併10周年を記念した花火大会を実施し増加した分、その反動減等で今年は対前年で13万人の減少となった。
  •  国の交付金を活用して販売した「群馬プレミアム宿泊券」48.3万枚の発行により、本県への旅行機会を創出することができ、宿泊客が増加した。
観光入込客数について
暦年 観光入込客数 対前年 内訳(率は対前年) 宿泊旅行統計宿泊者数
(※注)
増減 日帰り  率   宿泊  
平成27年 6,575万人 +395万人 +6.4% 5,798万人 +6.8% 777万人 +3.1% 883万人
平成26年 6,181万人 +30万人 +0.5% 5,427万人 +0.6% 753万人 -0.5% 859万人

(※注) 参考掲載「宿泊旅行統計」(観光庁)は、観光目的以外の宿泊施設も含めた調査。

2.観光消費額について

【主な増減要因】

  •  「群馬プレミアム宿泊券」等による宿泊客数の増加により、宿泊客の観光消費額が 増加した。
  •  また、日帰り客でみると、入込客数は増加しているものの、増加幅(6.8%)に対し、消費額の増加幅(1.9%)が小さく、単価が減少している。
観光消費額について
暦年 観光消費額 対前年 内訳(率は対前年)
増減 日帰り 宿泊
平成27年 1,919億円 +75億円 +4.1% 1,020億円 +1.9% 899億円 +6.7%
平成26年 1,844億円 -10億円 -0.6% 1,001億円 -0.7% 842億円 -0.3%

※端数処理の関係で合計が一致しないことがある。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

産業経済部戦略セールス局観光魅力創出課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3381
FAX 027-223-1197
E-mail kankouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。