本文へ
表示モードの切替
印刷

上毛かるた巡り「て」(2022年3月28日 みなかみ町)

舟形石棺の写真
茂左衛門処刑場跡の写真
茂左衛門の石碑の写真
茂左衛門地蔵尊千日堂の写真
上毛かるた「て」の絵札の写真

 「天下の義人 茂左衛門」

 時は江戸。領主による重税に、沼田の村人たちは苦しめられていました。
 それを見た杉木茂左衛門は、村人たちを救うために、直訴文を将軍に届けることに成功しました。これによって村人は救われましたが、茂左衛門は妻子と共に磔刑にされました。
 その霊を慰め、供養するために建てられたのが、地蔵尊です。

 信念を貫き、その命を全うした彼の生き方には、胸を打つ熱いものがあります。ふと、自身の生き方を考えさせられました。

 千日堂へ行った際には、巫女さんからお話を伺いました。その方はとても親切に、その歴史を教えてくださり、千日堂、そしてその歩みに対する愛を感じました。
 千日堂は、地域の人々の手によって、今日まで受け継がれています。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。