本文へ
表示モードの切替
印刷

多々良沼、ガバ沼、城沼でハクチョウが見られるようになりました(2021年11月15日~21日 館林市、邑楽町)

ハクチョウの写真1
ハクチョウの写真2
ミサゴの写真1
ミサゴの写真2
コウノトリの写真

 11月1日からハクチョウの飛来が始まり、14日には4羽、15日には9羽、16日には14羽、17日には32羽となりました。飛来数の増加により毎日ハクチョウが見られるようになり、ハクチョウを見に、週末には近県からも多くの見物客が訪れるようになりました。

 ハクチョウは、これから来年1月末まで増加が予想され、ピーク時に約300羽を超えるまでになります。
 また多々良沼では、珍しいミサゴや特別天然記念物のコウノトリも度々飛来し、見物客を楽しませてくれます。

 自然の宝庫・多々良沼へ、ぜひお出かけください。
 なお、ハクチョウは、時間帯により多々良沼、ガバ沼、城沼の間を移動しますので、見られない時は3カ所の飛来地を訪ねてみてください。
 

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。