本文へ
表示モードの切替
印刷

フォトロゲ八ッ場あがつま湖を歩く(2021年7月31日 長野原町)

八ッ場あがつま湖の写真
八ッ場あがつま湖
現在の発電量を示す看板の写真
現在の発電量
王湯会館の写真
王湯

 フォトロゲ八ッ場実行委員会主催の「フォトロゲ八ッ場ダム」が開催されました。
 今回は、3時間の部(9時30分~12時30分)と6時間の部(9時30分~15時30分)があり、私は3時間の部に参加しました。
 実行委員長である大川さんによると、64チーム116名がエントリーしていたとのことです。

 フォトロゲは、主催者側から配られた地図をもとに、より多くのチェックポイントを回り、得点を競うスポーツです。
 参加者は体力や経験に応じてコースを考え、走ったり、歩いたりして景色を堪能しながらチェックポイントを回ります。

 競技がスタートすると、参加者は、ダム方面や八ッ場大橋方面、道の駅方面とさまざまな方面に走り出します。
 猛暑の中でしたが、地図をもとにチェックポイントを目指しました。コースは異なりますが、同じチェックポイントを目指すため、参加者同士顔を合わせることは多いです。
 また、今回は特別ルールでダムのエレベーターを利用できたので、窓越しに「現在の発電量」を確認したり、高台からの景観を楽しめました。

 新緑の山や湖面からの心地よい風を感じながら、心も体もリフレッシュした一日でした。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。