本文へ
表示モードの切替
印刷

古巣へ戻ってきたツバメを見ました(2021年5月12日 前橋市)

古い巣を見つけたツバメの写真
古い巣を見つけたのね
巣のまわりを確認するツバメの写真
まわりを見回したところ
修復が始まった巣の写真
修復の始まり
巣に座りこんだツバメの写真
あ。座りこんだ!

 日吉町にある前橋市総合福祉会館の体育館下の駐車場で、珍しい光景に出会いました。

 昨年からのコロナの影響で、人や鳥の出入りが少なくなり、半分壊れかけたツバメの巣がポツンとありました。
 その脇の壁で、2羽のツバメが、何やら気になる様子で止まっています。

 すると、次の日、口に土や草をくわえてやってきて、古巣の修復を始めました。
 あれ?と見ていると、黒く古い巣を大きく広げるかのように修復した部分にツバメが座り込んでいました。これで、ヒナでも生まれたらと楽しみにしています。どうなのでしょうね。

 (参考)ツバメも戸惑っているようです(2020年5月23日 前橋市)

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。