本文へ
表示モードの切替
印刷

上毛かるた巡り「ろ」(2021年4月4日 前橋市)

上毛かるた「ろ」の絵札の写真
船津傅次平の銅像の写真1
船津傅次平の銅像の写真2
看板の写真
墓の写真

 「老農 船津傳次平」

 二宮尊徳といえば、「負薪読書」といわれるスタイルの銅像でおなじみですね。
 彼は、よく学びよく働き、後半生を荒廃した農村の復興・再建に捧げました。

 実は群馬にも、第二の「二宮尊徳」が存在します。船津傳次平です。
 日本農業の発展に生涯をかけた傅次平は、日本の明治の三老農として称えられています。

 前橋市役所富士見支所の前には、船津傅次平の銅像が、厳かな雰囲気を醸し出しています。

 もし傅次平がいなかったら、現在の農業県群馬は存在しないかもしれませんね。
 傳次平が築いた日本農業の基盤。私たちも後世へと、大切に受け継いでいきましょう。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。