本文へ
表示モードの切替
印刷

日本遺産・城沼の沼辺散策(2020年10月2日 館林市)

高齢のオオハクチョウの写真
高齢のオオハクチョウ
梅園のヒガンバナの写真
梅園のヒガンバナ
冬桜とヒガンバナの写真
冬桜とヒガンバナ
旧秋元別邸とヒガンバナの写真
旧秋元別邸とヒガンバナ
冬桜の写真
冬桜
 館林市役所近くのふれあい橋から城沼を一周する「朝陽の小径(こみち)」コース(約5キロメートル)の散策に出かけました。

 尾曳駐車場を出発し、遊歩道を通って善長寺からショッピングセンターの脇を抜け、つつじが岡公園に到着すると、城沼の中州にオオハクチョウを見つけました。
 このオオハクチョウは、15年前に羽をけがしてから仲間たちと行動することができなくなりました。昨年は体調が悪そうで心配していましたが、今日は元気そうな姿を見ることができました。これからも見守っていきたいと思います。

 また、園内の梅園では、梅の木々の間に植えられたヒガンバナが一面真っ赤に咲き誇っていました。
 その後、第二つつじが岡公園(旧秋元別邸)へ、ここではヒガンバナに加え、冬桜の淡い奇麗な花が見られました。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。