本文へ
表示モードの切替
印刷

日本遺産・多々良沼の沼辺散策(2020年9月28日 館林市、邑楽町)

柿の木とヒガンバナの写真
柿の木とヒガンバナ
釣り舟の写真
釣り舟
ヒガンバナと多々良沼の写真
ヒガンバナと多々良沼
夕日の写真その1
夕日
夕日の写真その2

 久しぶりに青空が広がっていたので、野鳥がさえずる、自然豊かな多々良沼へ出かけました。

 遊歩道をのんびり歩いて多々良沼公園を訪れると、1本の柿の木が目に入りました。薄黄色の柿がたくさん実り、その下には真っ赤なヒガンバナが咲いていました。

 次に向かった浮島弁財天からは、広い多々良沼に浮かぶ一隻の釣り舟が、周囲の自然に溶け込むような素晴らしい光景が見られました。
 そして、湖面には赤城山や青空、白い雲がとても奇麗に映っていました。

 沼辺にはダイサギがもう訪れていました。今年も11月中旬から、多々良沼やガバ沼には白鳥が飛来するでしょう。今から楽しみです。

 今日は夕方に再び訪れ、多々良沼に沈む奇麗な夕日を堪能してきました。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。