本文へ
表示モードの切替
印刷

チャツボミゴケ(2020年7月12日 中之条町)

チャツボミゴケの写真1
チャツボミゴケの写真2
チャツボミゴケの写真3
チャツボミゴケの写真4
チャツボミゴケの写真5
 吾妻郡中之条町にある「チャツボミゴケ公園」へ行きました。
 
 駐車場に車を止めた後、受付で入園料を払い、園内巡回バスに乗ると、約2、3分で遊歩道入口に着きます。
 そこから300メートルほど歩くと、「穴地獄」といわれる強酸性の鉱泉に育まれたチャツボミゴケの群生地があります。
 群生地の周りは木道で囲まれており、20分ほどで一周できます。コケはまるでふかふかのじゅうたんのようです。

 この日は愛郷ぐんまプロジェクトの最中かつ梅雨の晴れ間の日曜日とあって、大変な混雑でした。
 
【参考】チャツボミゴケ(現地案内板より引用)
 火山性酸性水域(pH2.0~4.6)に生育するウロコゴケ目ツボミゴケ科の苔類で学名は「ユンゲルマンニア・ブルカニコーラ」。
 世界中の蘚苔類約18000種の中で最も耐酸性があり、酸性水域を好む特別な苔です。本公園のチャツボミゴケ群落は、国内最大で、穴地獄周辺は類例のない景観を醸成しており、現在、群馬県の天然記念物に指定されています。
 

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。