本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬の森は穏やかでした(2020年3月15日 高崎市)

休館の貼り紙
元気に遊ぶ子どもたち
親子連れの姿
修景池の写真

 新型コロナウイルス感染症の影響で、近代美術館も歴史博物館も当面休館中です。
 群馬の森はどうなっているの?と思い、行ってみました。

 入口には、両館は休館中との貼り紙がありました。
 しかし、駐車場はいっぱいになっており、人の出入りは多いようです。

 園内のカワヅザクラやモクレンは今を盛りと咲き誇っていました。
 また、芝生広場では子どもたちが元気に遊んでおり、大きな馬の銅像の周りには親子連れの姿も見られました。
 外側の通路では走っている人も多く、つられて森の奥まで進んでみると、修景池は静かに周りの木々を映していました。

 群馬の森は、広く、そして穏やかに、訪れた人たちを包み込んでいました。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。