本文へ
表示モードの切替
印刷

ミツマタの花(2020年3月15日 甘楽町)

ミツマタの写真
段々畑の写真
山とミツマタの写真
段々畑の写真2
ミツマタの写真2

 甘楽町にある「ちぃじがき蕎麦の里」へ、ミツマタの花を見に行ってきました。

 ここは、「ちぃじがき」という小さな石で支えられた段々畑です。現在は荒涼としていますが、花が咲く時季には見事な景色が広がるそうです。一面に広がる白いソバの花は、ぜひ一度見ていただきたいです。

 ミツマタは、枝の先が必ず3つに分かれていることから付けられた名前で、昔は「じゅずぷさ」「みつえだ」「むすびき」「りんちょう」など、地方によっていろいろな呼び方があったようです。また、春先に一斉に黄色い花を咲かせることから先草、縁起の良い吉兆の草として幸草(さきくさ)と呼ばれることもあるようです。
 ミツマタの繊維は柔軟で細く、光沢があるため紙の材料に適しています。ミツマタを使った和紙や紙幣の品質は世界一といわれています。 

 ちぃじがき蕎麦の館「那須庵」は、新型コロナウイルス感染症の影響で休業中のため、そばを食べることはできませんでした。
 ここからは急峻(きゅうしゅん)な道と聞いてはいましたが、恐怖を感じながらなんとか登ってきました。道幅が狭く、細く曲がりくねっているため、訪れる際には歩いて登ることをおすすめします。私も次に行くときは、途中の景色を楽しみながら歩いて行こうと思います。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。