本文へ
表示モードの切替
印刷

癒やしの森へ(2020年2月22日 桐生市)

桐生が丘遊園地の写真
ペンギンのゲージの写真
ペンギンの写真1
ペンギンの写真2
ペンギンの写真3

 桐生市中心部の丘陵地にある、桐生が岡遊園地と隣接している桐生が岡動物園は、充実した施設かつ入場無料なので、幅広い世代に人気があります。

 園内で最近特に人気者なのが、昨年12月に誕生した2羽のフンボルトペンギンです。今年1月下旬から巣の外に出られるようになり、親鳥とじゃれる姿がかわいらしいです。
 フンボルトペンギンはチリやペルーの沿岸部に生息していますが、環境の変化を受けて仲間が減ってしまい、絶滅危惧種になりつつあります。
 体長は60~70センチ、体重は4キロ前後。特徴は胸にある一本の黒い帯と、黒く薄い斑点があるくちばしです。目は赤みかかった茶色で、いつも集団で行動しています。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年3月12日より当面の間臨時休園となっています。(参考:桐生が岡動物園ホームページ)

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。