本文へ
表示モードの切替
印刷

館林市の里沼:日本遺産 茂林寺沼(2020年2月14日 館林市)

低地湿原の写真
低地湿原
コガモの写真
コガモ
茂林寺境内の写真
茂林寺境内
タヌキ像の写真
タヌキ像
ザ・トレジャーガーデンの春の写真
ザ・トレジャーガーデンの春

 600年前に開山した曹洞宗の信仰の拠点で、分福茶釜の寺として知られる茂林寺。その北に広がる「祈りの沼・茂林寺沼」を訪れました。

 茂林寺沼と、それを囲うようにある低地湿原は、県指定の天然記念物となっています。
 低地湿原のヨシが奇麗に刈り取られていたため、全体を見渡すことができました。そして沼では、奇麗なコガモが群れとなって泳いでいる姿が見られました。

 隣接する茂林寺では、参道の土産物店の多くが閉じており、タヌキ像の並ぶ境内は静寂に包まれていました。

 また、湿原を挟んで北側には、ザ・トレジャーガーデンの施設があり、花が咲く時季になると大勢の観光客でにぎわいます。

 まもなく、サクラや芝桜などが咲く行楽シーズンを迎えます。茂林寺沼と低地湿原周辺の自然散策に、ぜひお越しください。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。