本文へ
表示モードの切替
印刷

前橋藩主酒井家の菩提寺・龍海院(2020年2月11日 前橋市)

龍海院の写真
龍海院
本堂の写真
本堂
山門の写真
山門
鐘楼堂の写真
鐘楼堂
初代前橋藩主酒井重忠夫妻の墓地の写真
初代前橋藩主酒井重忠夫妻の墓地

 前橋市紅雲町にある、曹洞宗大珠山是字寺「龍海院」へ、文化財の見学に行ってきました。
 ここは、かつて前橋藩主だった酒井家の菩提寺です。

 駐車場に車を止め、山門の2つの天王像と素晴らしい彫刻を見ながら本堂に入りました。
 本堂の左の奥へと進み、酒井家の初代の前橋藩主・酒井重忠夫妻から十五代まで、歴代の墓地を見学させていただきました。

 【酒井家について】
 酒井雅楽助正親は徳川家康青年期の重臣の一人で、三河統一の過程で西尾(愛知県)城主に取り立てられ、直臣最初の城主になりました。
 その子・重忠は、川越(埼玉県)に1万石を与えられ、重忠の子・忠世の代で前橋の藩主、老中、大老となりました。

 酒井家の史料は、前橋市立図書館に指定重要文化財として保存されています。詳細を知りたい方は、龍海院と併せて見に行くとよいと思います。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。