本文へ
表示モードの切替
印刷

館林市の里沼:日本遺産 多々良沼(2020年2月12日 館林市)

給餌場の風景
給餌場の風景
白鳥の写真
白鳥
行徳歩こう会の集合写真
行徳歩こう会
ゴイサギの写真
ゴイサギ
カワセミの写真
カワセミ

 植林と用水堀開削の歴史が刻まれ、生業(なりわい)の場としての里沼へと開かれてきた、「実りの沼・多々良沼」を訪れました。

 多々良沼は、一周5.67キロメートルの遊歩道に囲まれており、自然豊かで、四季を通して色々な動植物に出会える場所です。
 白鳥の飛来地としても知られ、この時季は白鳥を見に来る人も多く、駐車場は常に満車となっています。

 今日は、千葉県から来たという「行徳歩こう会」のメンバー11名が、白鳥観察など、多々良沼散策を楽しんでいました。
 多々良沼を紹介するとともに、館林市の「日本遺産里沼パンフレット」を配布させていただきました。次回は、花の咲く時季にお越しください!

 また、多々良沼は野鳥の宝庫です。散策の途中では、ゴイサギやカワセミといった珍しい鳥たちにも出会えました。
 現在、白鳥飛来のピークを迎えています。白鳥が翼を広げ舞い降りる優雅な光景を見に、ぜひお越しください。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。