本文へ
表示モードの切替
印刷

吉井藩陣屋の表門(2020年2月11日 高崎市)

表門の写真
裏から見た表門の写真
説明板の写真
表門の写真
説明板の写真

 高崎市吉井町にある、「吉井藩陣屋の表門」を見学しました。ここは、高崎市重要文化財に指定されています。

 今から約270年前の宝暦2年(1752年)、吉井町に陣屋が置かれた際に建てられたと言われています。間口5.8メートル、奥行き2.47メートル、高さ5.37メートルで、控え柱から架けられた梁(はり)によって、切り妻屋根が前方へ持ち出しになっています。
 大変重厚な作りで、由緒ある立派な門です。
 板扉には、矢弾(やだま)を通さないといわれるサイカチ(マメ科)が材料として使用されています。復元は昭和48年3月とのことです。

このページについてのお問い合わせ

知事戦略部メディアプロモーション課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail medepuro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。