本文へ
表示モードの切替
印刷

伝統のはしご乗りを満喫!(2020年1月11日 前橋市)

はしごの上でポーズを決めている写真1
はしごの上でポーズを決めている写真2
はしごの上でポーズを決めている写真3
はしごを支える人の写真
法被をきた男性の写真
 前橋公園で行われた出初式で、江戸時代から続いているという、伝統のはしご乗りを満喫してきました。
 
 前橋鳶(とび)伝統文化保存会の人たちが、7メートルのはしごの上に立って、次々と繰り出す大技に見とれました。

 はしごの上で技を披露する人、そのはしごを鳶口でしっかりと支える人、後ろで「木やり」を歌う人、皆さん息がぴったりです。
 高いはしごの上で力強く、そしてしなやかに繰り広げる技に合わせて、「八双」「つり亀」などと技の名が呼ばれると、観衆の拍手が高まります。

 多彩な技や説明に見ている方も力が入り、まさに「伝統の力」を感じてきました。
 

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。