本文へ
表示モードの切替
印刷

榛名湖・榛名神社・榛名梅林の紹介(2019年7月1日 高崎市)

榛名富士を前に至福のひととき
榛名富士を前に至福のひととき
見応えのある重文随神門
見応えのある重文随神門
榛名神社参道
榛名神社参道
満開の梅の花
満開の梅の花
 群馬には魅力的な山・湖・温泉・寺院などの観光スポットがたくさんありますが、今回は1日で楽しめる榛名湖と南麓にある榛名神社・榛名梅林をご紹介いたします。

 榛名湖と掃部ヶ岳(かもんがだけ)
 榛名山は群馬を代表する上毛三山(赤城山・榛名山・妙義山)の一つで、外輪山(山体)の総称です。
 その中央に榛名湖があり、四季折々、県内外の多くの人に親しまれています。周辺には観光スポットも多く、子供や若い人、家族連れ、外国人なども気軽に楽しめる大きなエリアです。
 また、榛名山は群馬県のほぼ中央部に位置し、高崎や前橋からも1時間以内で行けるため、身近で親しみやすい山です。
 榛名湖は水面の高さが1,084メートルで、周囲に5.2キロメートルの散策コースがあり、徒歩約1時間半で湖畔を1周できます。途中、外輪山の最高峰である榛名富士頂上にケーブルカーで登ることもでき、天気がいいとスカイツリーや富士山も見ることができます。
 掃部ヶ岳(1,449メートル)は外輪山の1つで、湖畔の商店街の背後にそびえ立つ山です。途中の硯岩(すずりいわ)から一望する榛名湖はベストショットです。往復2時間ほどで登れる初級コースの山です。

 榛名神社
 榛名湖から南に約4キロメートル下ると、左側に関東屈指の神社の一つ、榛名神社があります。1,400年の伝統を誇り、権現造りの本殿をはじめ国の重要文化財や建造物、天然記念物などが境内や参道に数多く点在します。途中、真夏でも冷気が爽やかな千本杉の参道があり、500年を超える杉が両側に林立し、見応えのあるエリアです。
 現在、門前には十数軒の宿坊や土産店が点在し、情緒あふれる街並みをのんびりと散策できます。最近、若い人たちにはパワースポットとしても人気が高まっています。

 榛名梅林
 榛名神社から約14キロメートル下ると、榛名山南麓に広がる榛名梅林があります。ぐんま三大梅林(秋間・榛名・箕郷)の一つである榛名梅林は、関東一の広さを誇ります。3月には100軒ほどの農家が育てた梅の白い花が一斉に咲きます。
 群馬県の梅の生産量は和歌山県に次いで2番目で、全国に出荷されています。3月中旬には「榛名の梅祭り」が開催され、各地から大勢の人が訪れます。
 また、榛名町の中央を流れる烏川の両側には梨畑や桃畑などが広がり、出荷時期になると「くだもの街道」に並ぶ30数軒の出店では、新鮮でおいしい果物が販売され、お土産にも喜ばれます。
 

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。