本文へ
表示モードの切替
印刷

親子尺八作り(2019年7月6日 高崎市)

尺八の説明をしている写真
竹をのこぎりで切っている写真
尺八を教えている写真
尺八を吹く様子
全体写真
 群馬県立観音山ファミリーパークにあるクラフト工房で、尺八の手作り体験教室が開かれました。

 講師の萩原斎童さんとアシスタントの村田鈴吟さんは、琴古流指南者です。また、萩原さんは尺八研究所の所長でもあります。
 他にスタッフ5人と参加者の親子23人が集まって、イベントが行われました。

 初めに、尺八の音色を知ってもらおうと、講師とスタッフの方々が、「上を向いて歩こう」「川の流れのように」「コンドルは飛んでいく」を披露しました。
 演奏に使われていた楽器を、これから自分たちで作るのだという意欲が高まりました。

 事前に火であぶり油抜きした竹と、工具が貸し出されます。用意された寸法ゲージに合わせて竹を切り、節を抜きます。次に表に4つ、裏に1つの計5つの穴を開けます。親子で楽しみながら作業は進んでいきました。
 調律をして音を出す練習をすると、少しずつ音が出始めました。最後に譜面を片手にみんなで「日の丸」を吹きました。

 手作りの尺八をお土産に、楽しい一日を終えました。
 

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。