本文へ
表示モードの切替
印刷

見頃を迎え「たてばやし花菖蒲まつり」が始まりました(2019年6月8日 館林市)

ハナショウブ園の風景1
ハナショウブ園の風景2
ハナショウブと踊りの風景
インドネシアの人達
園内のハナショウブ
 「たてばやし花菖蒲(しょうぶ)まつり」の初日、会場の館林花菖蒲園(つつじが岡第二公園)脇の尾曳駐車場には、たくさんの車がありました。

 まつりの開催に合わせたかのように、白や青、紫、黄色など色とりどりのハナショウブが、会場一面に咲き誇っていました。

 メイン会場の旧秋元別邸では、よさこいソーラン踊りの催しがあり、近県からの踊り手を含め総勢110名が鮮やかな衣装をまとい、大勢の花見客の前で華麗な踊りを披露し、まつりの開催に彩りを添えていました。

 また、園内では、休日を利用してまつりに訪れたインドネシア人の方たちと遭遇し、ハナショウブを背景に記念写真を撮りました。母国へ帰った時には、群馬県の花の名所として観光PRをしていただけるようお願いしました。

 梅雨の合間に訪れた館林花菖蒲園で、奇麗に咲いたハナショウブと踊り、そしていろいろな人との出会いのある楽しい散策となりました。

 「たてばやし花菖蒲まつり」は、6月23日まで開催されています。 ぜひ、お出掛けください。

 

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。