本文へ
表示モードの切替
印刷

若年層への新型コロナワクチン接種促進

はじめに

 若い世代の方に、新型コロナウイルスワクチンに関する正しい知識と情報を持って接種を判断していただき、群馬県内のワクチン接種を推進していくために、20代,30代で新型コロナワクチンを2回接種した県民の方を対象とし特典が当たる抽選を実施します。
 ワクチンを接種し抽選に申し込む前に、このホームページ等で新型コロナワクチンに関する正しい知識・情報を身につけていただけたらと思います。

お知らせ

令和3年9月9日 6.抽選の実施 について更新しました。
令和3年8月24日 ワクチン接種に関する動画を公開しています。

目次

1.教えて!新型コロナウイルスワクチン

2.新型コロナワクチンのメリット・デメリット

3.接種率と感染者数

4.若年層が新型コロナに感染した場合

5.若年層の皆様へ

6.抽選の実施

7.ワクチン接種広報資材

1.教えて!新型コロナウイルスワクチン

 新型コロナワクチンに関して、よくある質問にお答えします。より多くの疑問を解消したい場合は、「新型コロナワクチンQ&A」(厚生労働省:外部リンク)をご覧ください。

Q(質問)ワクチンにどんな効果があるの?

A(回答)

新型コロナの発症を予防したり、重症化を予防する効果があります。
なお、変異株についても、世界の各地でワクチンの有効性について確認が進められています。

【発症予防効果】 (接種した人の発症率が接種しなかった人の発症率より95%少ない等という意味。)
ファイザー 95%  モデルナ 94%  アストラゼネカ 63%

Q(質問)ワクチンの副反応って?

A(回答)

注射した部分の痛み、頭痛、発熱、筋肉や関節の痛み等がみられることがあります(下表参照)が、大部分は接種後、数日以内で回復します。ファイザーやモデルナの場合、2回目の接種時に、より高い頻度で発生しています。
なお、まれな頻度(数十万接種に1回)で、接種後概ね30分以内に、アナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生することがあります。
各接種会場では、アナフィラキシーが起きたときに備え、必要な薬剤等を準備し、近隣の医療機関との連携体制をとっています。

ワクチンの副反応一覧
発現割合 症状
ファイザー モデルナ
50%~ 接種部位の痛み、疲労、頭痛 接種部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉痛
10%~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ 関節痛、悪寒、
吐き気、嘔吐、
リンパ節症、発熱、接種部位の腫れ、発赤・紅斑
~10% 吐き気、嘔吐 接種後7日以降の接種部位の痛みや腫れ、
紅斑(いわゆるモデルナアーム)

Q(質問)遺伝情報を投与するファイザーやモデルナワクチンは、将来持つ予定の子どもや自分の体に影響ないの?

A(回答)

ファイザーやモデルナ製等のmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは、人の細胞の核の中には入れず、短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。

Q(質問)新型コロナワクチンが原因で多くの方が亡くなっているというのは本当?

A(回答)

ワクチン接種後の死亡事例については、接種と関係なく命を落とすこともあり、各事例について、国で、ワクチンとの因果関係があるかを調査しています。
2021年7月時点で、日本において、ワクチン接種が原因で亡くなった方がいるという事実は確認されていません。

Q(質問)ワクチン接種で不妊になるの?

A(回答)

男女を問わず、ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。

Q(質問)妊娠中にワクチン接種していいの?

A(回答)

日本産科婦人科学会「-新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)-」によると、妊娠中、特に妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすいとされています。また、厚生労働省によると、海外における多くの妊婦へのmRNAワクチンの接種実績から、ワクチンは、妊娠初期から妊婦と胎児の双方を守り、重篤な合併症が発生したとの報告は無いとされています。こうしたことから、妊婦さんは妊娠週数を問わずワクチンを接種することが推奨されています。

Q(質問)SNSで新型コロナワクチンが危険と取り上げられて不安です。

A(回答)

SNSでは、発信者が不明、または科学的根拠等に基づいていない不正確な情報があり、注意が必要です。
ワクチンの情報に関しては、複数の専門家のチェックを受けた、科学的根拠に基づいた公的機関からの情報をできるだけ確認しましょう。

Q(質問)ワクチンを2回接種したら、すぐに免疫がつく?

A(回答)

現在日本で承認されている3種類の新型コロナワクチンは、接種後すぐに十分な免疫がつくわけではありません。また、接種してから十分な免疫がつくとされるまでの期間はワクチンにより異なります。
武田/モデルナ社のワクチンは、2回目を接種してから14日以降に免疫がつくとされています。ファイザー社の新型コロナワクチンで免疫が付くとされるのは、2回目を接種してから約1週間以降です。アストラゼネカ社の新型コロナワクチンは、2回目の接種を受けてから15日以降に免疫がつくとされています。

Q(質問)ワクチンを接種したら、感染予防対策はしなくていい?

A(回答)

新型コロナワクチンには、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果が認められており、重症化を予防する効果も期待されています。また、感染を予防する効果がある可能性も考えられています。ただし、その効果は100%ではありませんので、ワクチンを接種し、2週間程度たった後も感染する可能性はあります。また、ワクチンを接種できない方もいます。よって、手指消毒やマスクの着用、3密の回避など、感染予防対策を継続することが必要です。

副反応についての相談は、「ぐんまコロナワクチンダイヤル」まで

  • 電話番号 0570-783-910 (通話料がかかります)
  • 24時間、土日祝日、20か国語で対応しています。

2.新型コロナワクチンのメリット・デメリット

 新型コロナワクチンは、メリット(有効性)がデメリット(リスク)より大きいため、接種が推奨されています。
 メリット(有効性)とデメリット(リスク)について、正しく理解し、接種について判断しましょう。

ワクチンの有効性とリスク画像

3.接種率と感染者数

 接種率の低い若年層で、感染者数が多くなっています。
 【ワクチン接種と感染者数の比較(年代別)】

ワクチン接種と感染者数の比較(年代別)グラフ画像

4.若年層が新型コロナに感染した場合

  • 若年層でも、呼吸不全で集中治療室に入院するなど、症状が重くなる例も報告されています。
     →若年層も、感染防止のための注意が必要です。
  • 感染時の症状の有無に関わらず、回復後にも後遺症として様々な症状が見られる場合があります。
     (例) 疲労感、味覚・嗅覚異常、咳・息苦しさ、脱毛
  • 後遺症の原因は明らかで無く、数か月間など長期にわたって症状が続く場合があります。

5.若年層の皆様へ

  • 皆さんのワクチン接種が、感染収束の鍵を握っています
  • ワクチン接種により、健康で活動的な楽しみの多い生活が戻ってくると予想され、自分のためにも社会のためにもプラスと考えられます
  • 積極的に接種をご検討ください

 ※ワクチン接種は強制ではなく、本人の自由です

県内のワクチン接種会場
  県央ワクチン接種センター 東毛ワクチン接種センター 市町村が実施する接種
実施主体 群馬県 市町村
場所 Gメッセ群馬(展示ホール)
(高崎市)
旧韮川西小学校(太田市) 各市町村が設ける会場
対象者 (他の会場で接種していないこと) 県内に住民票がある方又は居住する方 桐生市、太田市、みどり市、館林市、邑楽郡に住民票がある又は居住する方 その市町村に住民票のある方(例外有)
対象年齢 (接種日時点) 18歳以上 12歳以上
ワクチン モデルナ ファイザー
接種間隔 4週間 3週間
予約方法 LINE公式アカウント(群馬県デジタル窓口)のメニューから予約 市町村のホームページ等を確認
※LINE予約方法等についての問合せ等窓口 0570-001-720

(注1)表の会場のほか、企業や大学による職域接種等もあります。

6.抽選の実施

 正しくワクチンについて理解していただき、2回の接種をされた若年層の方に、自動車や宿泊券が当たる抽選を実施します。

1.対象者

以下の要件を全て満たす方を対象とします。

  1. 令和4年3月31日時点で20歳~40歳の方(昭和56年4月2日~平成14年4月1日生まれの方)
  2. 2回目の接種時に群馬県内で住民登録をされていた方
  3. 令和3年9月末までに新型コロナワクチンを2回接種した方(※注1)
  4. その他、別途定める「注意事項」における要件に同意できる方

(※注1)これまでに接種を受けた方、市町村接種会場や職域接種会場で接種を受けた方も対象です。

2.特典

抽選に申し込んだ方の中から、抽選で以下の特典を贈呈します。

  1. SUBARU XV(1.6i EyeSight) 1名様 ※登録諸費用等は当選者ご自身が負担
  2. 県内宿泊券 5万円分 100名様
  3. 県内宿泊券 2万円分 250名様

3.受付期間

令和3年9月15日(水)12時 ~ 令和3年11月1日(月)12時

4.応募方法

  1. 県LINE公式アカウント「群馬県デジタル窓口」を友達登録。
  2. 「群馬県デジタル窓口」のメニューから、「ワクチンインセンティブ抽選申込」を選択。(注意:メニューに「ワクチンインセンティブ抽選申込」が表示されるのは9月15日(水)からです。)
  3. ワクチンに関するクイズに挑戦し、全問正解後、必要事項を入力し、接種済証(接種券の用紙の一番右にある、接種を証明する書類。)か接種記録書(医療従事者等の場合)の画像を添えて申請。(※注1)(※注2)

(※注1)接種済証を紛失された場合は、お住いの市町村で再発行された、接種済証の代わりとなる書類を添付してください。
(※注2)接種済証は、以下の画像の内、赤枠で囲われている部分です。

接種済証の画像
接種記録書の画像

5.注意事項

・申し込みは一人1回のみです。一人の方につき、複数のLINEアカウントから複数回申し込みがあった場合は無効となります。
・当選者へは、「群馬県デジタル窓口」のメッセージ機能により当選の旨を連絡しますので、応募後に「群馬県デジタル窓口」をブロックしないようご注意ください。
その他の、応募時に同意いただく必要のある注意事項については、ぐんまワクチンインセンティブ注意事項をご確認ください。

6.抽選申込システム利用規約

応募時に同意いただく必要のある利用規約については、ぐんまワクチンインセンティブ抽選申込システム利用規約をご確認ください。

7.その他

(1)事業実施要綱

本事業の実施要項は以下からご覧いただけます。
若年層への新型コロナワクチン接種促進事業実施要綱(PDF:207KB)

(2)ワクチン接種広報資材

以下のとおり、ワクチン接種の広報資材を作成しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部新型コロナワクチン接種推進局ワクチン接種推進課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2956
FAX 027-223-7872
E-mail wakuchinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。