本文へ
表示モードの切替
印刷

介護保険制度 〔地域包括支援センター〕

質問

地域包括支援センターとは、どんなことをするところですか?〔地域包括支援センター〕

質問1

「地域包括支援センター」では、どんなことをしているのですか?

回答1

地域の高齢者の生活を総合的に支えていくための拠点として、県内全ての市町村に設置されています。
主な業務内容は次のとおりです。

  1. 総合相談
    介護保険以外のサービスも含め、高齢者や家族に対する総合的な相談や支援を行います。
  2. 権利擁護
    高齢者に対する虐待の防止や、早期発見等の権利擁護業務を行います。
  3. 介護支援専門員の支援
    支援が困難なケースへの対応など、地域の介護支援専門員(ケアマネジャー)への支援を行います。
  4. 介護予防のプラン作成等
    介護予防を必要とする高齢者の把握や選定、予防給付のプラン(介護予防サービス計画)の作成などを行います。

なお、地域包括支援センターには、専門職として、「社会福祉士」「保健師」「主任ケアマネジャー」の3職種が配置されるとともに、市町村ごとに地域包括支援センター運営協議会(関係団体、事業者、被保険者、ボランティア等で構成)が設置され、中立・公正な運営が行われます。

 群馬県内の地域包括支援センター一覧

【問い合わせ先】

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部介護高齢課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2576
FAX 027-223-6725
E-mail kaigokou@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。