本文へ
表示モードの切替
印刷

〔自立支援医療〕

質問

「障害者自立支援医療制度」の概要を教えてください。〔自立支援医療〕

回答

これまで、障害のある方が、その障害の状態の軽減を図り、自立した日常生活又は社会生活を営むために必要な医療を行う場合、障害者(18歳以上)・障害児(18歳未満)・精神障害者はそれぞれ別の、負担のしくみが違う制度によって医療の給付を受けていました。

平成18年4月からは、この3つの制度は「自立支援医療制度」に統合され、医療費と所得の双方に応じた負担になっています。

これまで

  • 更生医療
  • 育成医療
  • 精神通院医療制度により負担の方法が違う

平成18年4月から

  • 自立支援医療制度
  • 医療費と所得の双方に着目した負担の仕組み
質問1

自立支援医療を受ける際の自己負担はどのくらいですか?

回答1
  • 自己負担は原則として1割負担、また入院時の食費は自己負担となりますが、以下の方には、月当たりの負担額が大きくならないように、上限額を設けます。
  • 市町村民税非課税の世帯に属する方
  • 中間的な所得以上の世帯に属する方でも、継続的に相当額の医療費負担が発生する方(重度かつ継続)
  • 育成医療について、中間的な所得の世帯に属する方(経過措置)

なお、生活保護法の被保護世帯については、費用徴収がありません。
また、一定所得以上になると、自立支援医療の対象外となることがあります。

質問2

「世帯」とはなにを指しますか?

回答2

自立支援医療では、「世帯」とは医療保険の単位を指します。
同じ医療保険に加入している家族によって範囲を設定しますので、異なる医療保険に加入している家族は別「世帯」として扱います。

質問3

制度が変わって、対象となる疾病の範囲は狭くなりませんか?

回答3

自立支援医療制度の対象となる疾病の範囲については、今までの3つの公費負担医療制度と同じです。

質問4

どのような医療機関で受診すればよいのですか?

回答4

自立支援法の指定を受けている医療機関(自立支援医療機関)で受診してください。

質問5

申請の窓口はどこですか?

回答5

申請の窓口は下記のとおりです。申請手続き及び必要な書類は下記問い合わせ窓口にお問い合わせ下さい。

【問い合わせ先】

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2631
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。