本文へ
表示モードの切替
印刷

「ぐんまレジデントグランプリ2012」を開催しました

発表の様子

 11月10日(土)、群馬大学医学部臨床大講堂において「ぐんまレジデントグランプリ2012」を開催いたしました。
 この催しは、ぐんまレジデントサポート協議会の主催事業として、昨年に続き2回目で、医学生や研修医など約100名が参加。
 県内の臨床研修病院の研修医の皆さんから、貴重な体験や症例の発表によって群馬での臨床研修をアピールしていただきました。

 発表したのは、太田記念病院、日高病院、公立富岡総合病院、前橋赤十字病院、公立藤岡総合病院、利根中央病院、群馬大学医学部附属病院、桐生厚生総合病院、前橋協立病院、伊勢崎市民病院の10病院で研修中の計14人。
 皆さん、素晴らしい発表内容で、会場の医学生とのディスカッションも活発に行われました。
 

発表者の皆さんの写真

 3名の特別審査員による評価と参加医学生の投票により、「グランプリ」は、公立富岡総合病院の有路 登志紀先生に決定しました。
 症例発表に引き続いて同病院内のレストランで行われた情報交換会において、トロフィー・楯が贈呈されました。
 また副賞として群馬県医師会から10万円分の商品券が贈呈されました。

参加した医学生へのアンケートでは、90%の方が「このイベントを来年度、後輩等に勧めたい」と回答してくださり、皆さん楽しんでいただけたようです。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部医務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2540
FAX 027-223-0531
E-mail imuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。