本文へ
表示モードの切替
印刷

インターフェロンフリー治療に係る診断書作成の医師の要件

群馬ウイルス性肝炎診療講習会について

 インターフェロンフリー治療の助成申請にあたっては、群馬県が適当と認める医師が「肝炎治療受給者証交付申請に係る診断書」を作成することとしております。
 群馬県が適当と認める医師とは、日本肝臓学会肝臓専門医または、群馬ウイルス性肝炎診療講習会を受講した医師としています。なお、講習会を受講した医師には、「肝炎治療受給者証交付申請に係る診断書」の作成に必要な受講証番号が記載された受講証書を交付しており、受講証番号の有効期限は講習会を受講した日から原則2年間です。

受講証を交付した医師はこちらです。(ただし、受講証番号の有効期間内の者)

肝炎治療講習会受講医師名簿(PDF:571KB)

関連リンク

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部感染症・がん疾病対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2608
FAX 027-223-7950
E-mail kansen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。