本文へ
表示モードの切替
印刷

コロナ禍のがん対策は『3診』(3つの診)で! -できればがん検診 自分でも自己検診 症状があったらすぐ受診-

コロナ禍のがん対策は『3診』(3つの診)で!画像

「ぐんまちゃんががん検診を体験してみた!!」

YouTubeチャンネル「tsulunos」にて公開中!(画像をクリック!)
ぐんまちゃんが”がん検診”を初体験!?
コロナ禍でのがん検診の様子と、3診について紹介します。(約5分)

がん対策に取り組む先生達からのメッセージ

受診控えでがんを見逃していませんか?

群馬大学医学部附属病院の調教授の調査によると、県内でがん治療を行っている病院では、2020年のがん手術症例数が、2019年と比べて減っています。今、県民のみなさんの“受診控え”が心配されています。ご自身は、周囲の方達はいかがですか?

県内がん診療病院における4種がんの手術症例数比較グラフ画像

コロナ禍でもがんの早期発見・早期治療が大切!

 感染したら、人に移したらどうしよう。そう思う方は少なくないと思います。確かに感染予防は大切ですが、感染症流行下でも、がんは減りません。
 日本人の死因の第1位はずっとがんです。がんと診断されるととてもショックに感じる方は多いですが、実はがんは早期に見つけて治療すれば、ほとんどのがんが治ります。
 しかし、早期のがんは症状がないことがほとんどで、がん検診ではそんな“進行する前のがん”を見つけています。「症状がないからがんの心配はない」という考え方はとても危険です。

3つの診[3S]を実践して、がんを早期発見・早期治療しよう

 みなさんひとりひとりの大切な人生が、突然がんによって終わってしまわないように、3つの診[3S]でがんを早期発見・早期治療しましょう。ご自分だけでなく大好きな家族や友人・職場の仲間にもどんどん『3診』を広めてください

コロナ禍のがん対策は3つの診で!リーフレット

3診リーフレットサンプル画像

コロナ禍のがん対策は3つの診で!ポスター

3診リーフレットサンプル画像

他のページを見る(画像をクリック)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部感染症・がん疾病対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2614
FAX 027-223-7950
E-mail kansen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。