本文へ
表示モードの切替
印刷

乳がん検診の禁忌事項

※次の項目にひとつでも該当する方は乳がん検診(マンモグラフィ検査)を受けられません。最寄りの医療機関にご相談ください。

  1. 6か月以内に乳房にしこりや異常な乳頭分泌物などの自覚症状がある。
  2. 妊娠の可能性がある・妊娠中である
  3. 出産後2年以内・授乳中または断乳直後で乳汁分泌がある
  4. 10年以内に乳がんの既往がある(主治医に検診で可と指示された人を除く)
  5. 乳腺疾患(乳腺症・線維腺腫・のう胞・微小石灰化等)があり医療機関で治療・経過観察中である
  6. ペースメーカーや植え込み型除細動器を挿入中
  7. 脳室-腹腔シャントを造設中
  8. 豊胸手術(脂肪注入・シリコン注入・シリコンバッグ等)を受けた人
  9. 前胸部静脈ポート留置中
  10. 胸部外傷(肋骨骨折・打撲等)があり、外傷による痛みなどの症状がある
  11. 極度に背骨が湾曲している
  12. 独歩不能・真っ直ぐに立っていることができない

※引用:(公財)群馬県健康づくり財団 乳がん検診受診票

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部感染症・がん疾病対策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2619
FAX 027-223-7950
E-mail kansen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。