本文へ
表示モードの切替
印刷

バリアフリーぐんま障害者プラン7

平成30年3月に、バリアフリーぐんま障害者プラン7(群馬県障害者計画・第5期群馬県障害福祉計画・第1期障害児福祉計画)を策定しました。

計画の概要

1 策定の趣旨

 本県の障害者施策の基本的な方向性を明らかにするとともに、障害福祉サービスや障害児通所支援等の提供体制の確保等について定めることにより、障害のある人のための施策の総合的な推進を図るものです。

2 計画の位置付け

 障害者基本法に規定する「障害者計画」、障害者総合支援法に規定する「障害福祉計画」及び児童福祉法に規定する「障害児福祉計画」を一体化したものです。
 なお、児童福祉法の改正(平成30年4月施行)により、新たに都道府県障害児福祉計画としての位置づけを備えます。

計画一覧
項目 内容 根拠法令
障害者計画 福祉分野に限らず、医療、教育、雇用、まちづくり等、障害のある人の社会生活や日常生活に関係する全ての施策分野にわたる基本的な総合計画 障害者基本法第11条第2項
障害福祉計画 障害福祉サービス、相談支援及び地域生活支援事業の提供体制の確保に関する計画 障害者総合支援法第89条第1項
障害児福祉計画 障害児通所支援等の提供体制の確保その他障害児通所支援等の円滑な実施に関する計画

児童福祉法第33条の22第1項

3 計画期間

 平成30年度から平成32年度まで(3年間)

4 計画の推進

 計画を効果的かつ着実に実施するため、県庁内各所属の緊密な連携・協力を図り、全庁的に取組を進めます。
 また、計画の実施状況については、群馬県障害者施策推進審議会において、事業の実施状況や目標等の達成状況の検証を行い、その結果を公表します。

5 基本理念

 障害の有無にかかわらず、お互いを尊重し、住み慣れた地域で自分らしく生きる社会の実現

6 基本目標

  1. お互いの理解の促進、共生社会の実現に向けた取組の推進
  2. 自己決定の尊重、意思決定の支援、当事者本位の総合的支援
  3. 安全で安心できる地域づくり

7 施策体系

  1. お互いの理解の促進、差別の解消及び権利擁護の推進等
  2. 自立した生活の支援と意思決定支援の推進
  3. 保健・医療体制の充実
  4. 教育の充実
  5. 文化芸術活動・スポーツ等の充実
  6. 雇用の拡大、就労の促進
  7. 意思疎通環境の整備
  8. 安全・安心なまちづくり推進

8 障害福祉サービス等の必要見込量と確保策の概況

 平成29年3月の障害福祉サービスの利用者数は、県全体で延べ21,000人(サービス毎の延べ人数)を超えており、平成33年(2021年)3月には、県全体で延べ26,000人以上が利用する見込みです。
 このことを踏まえつつ、グループホームや就労系サービス事業所の確保、障害のある子どもの健全な発達を支援するための体制整備等を推進します。

計画の概要書及び本文

 バリアフリーぐんま障害者プラン7の概要書及び本文は、次のファイルをダウンロードしてください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2634
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。