本文へ
表示モードの切替
印刷

令和2年度相談支援従事者初任者研修を開催します。※募集は終了しました

 障害者等の意向に基づく地域生活を実現するために必要な保健、医療、福祉、教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援等の援助技術の習得及び相談支援に従事する者の資質向上等を目的とした標記研修を開催します。
 なお、相談支援専門員、サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者業務に従事するためには、この研修の修了が資格要件(PDF:972KB)の一つとなっています。

必要な研修

  • 相談支援専門員を目指す方は、基礎課程(動画配信)及び相談支援専門員課程本研修(5日間)の受講のほかに、OJTを2日間受講する必要があります。
  • サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者(以下「サービス管理責任者等」という。)を目指す方は、本研修基礎課程(動画配信)と、今後開催予定の「サービス管理責任者等基礎研修(2日間)」を修了する必要があります。

実施主体

群馬県
ただし、有限会社プログレ総合研究所に委託して実施します。

研修日程、会場等

基礎課程

<eラーニングサービスによる動画配信>

【動画配信期間】令和2年10月1日(木)~令和2年10月9日(金)

<留意事項>

  • 動画配信期間以外は受講できないため、必ず受講期間内に受講完了してください。
  • 事業所のパソコンや個人のスマホなど、閲覧する媒体に制限はありません。
  • 動画配信期間内であれば、いつでも閲覧可能です。
  • 中央法規出版「障害者相談支援従事者研修テキスト 初任者研修編」をお手元に用意して受講してください。

相談支援専門員課程【5日間】

<1日目~5日目>

【演習A日程】

10月28日(1日目) 会場:県庁291会議室
10月30日(2日目) 会場:群馬産業技術センター 研修室
11月27日(3日目) 会場:県庁昭和庁舎 34会議室・35会議室
12月21日(4日目) 会場:県庁281AB会議室
12月24日(5日目) 会場:群馬産業技術センター 研修室

※実習(OJT)期間(合計2日間)
11月 1日~11月26日の間で1日
11月28日~12月20日の間で1日

【演習B日程】

11月17日(1日目) 会場:県庁昭和庁舎 34会議室・35会議室
11月18日(2日目) 会場:県庁281AB会議室
12月18日(3日目) 会場:県庁昭和庁舎 34会議室・35会議室
 1月12日(4日目) 会場:県庁294会議室
 1月13日(5日目) 会場:県庁294会議室

※実習(OJT)期間(2日間)
11月19日~12月17日の間で1日
12月19日~ 1月11日の間で1日

募集定員

200名程度

  • 【基礎課程(動画配信)・相談支援専門員課程(5日間)】の受講を希望する方(相談支援専門員を目指している方)
     演習A日程、演習B日程合わせて60名
     ※受講決定時に演習日程が、A日程かB日程か通知します。
  • 【基礎課程(動画配信)】のみの受講を希望する方(サービス管理責任者等を目指している方)
     140名

※受講決定可否の通知については、委託事業者から各事業所等へ郵送(申込書に同封された返信用封筒を使用)により行います。
 なお、本研修については、受講申込者が多数見込まれること、また、本県における計画相談支援及び障害児相談支援の体制整備を促進させることを目的に実施することから、受講者を決定する際には、受講理由を確認し、相談支援専門員として業務を行うことが見込まれる方を優先して決定します。サービス管理責任者等においても、受講定員を超えた場合は、県内の事業所等に従事する者を優先して決定します。

研修内容・受講申込先等

研修内容及び申込方法は、募集要項を御確認ください。
同一法人から複数の申込みをする場合は、取りまとめの上、郵送及び電子メールにより提出してください。

申込期限は、令和2年8月21日(金)【消印有効】

※ 郵送及び電子メール両方で提出すること。何れか一方の場合は、受理しないので、特に留意すること。

【郵送書類の申込先・問合せ先】

 〒370-0045 群馬県高崎市東町70 イースト70ビル2階
 有限会社プログレ総合研究所
 群馬県障害福祉従事者等研修事業担当あて
 電話番号:027-330-2690(平日9時00分~18時00分)

【電子メールの申込先】

 有限会社プログレ総合研究所
 E-mail:taka@omiya-fukushi.co.jp

【基礎課程(動画配信)・相談支援専門員課程(5日間)】の受講を希望する場合の提出書類(相談支援専門員の研修要件)

  1. 提出書類チェック表(様式1) ※申込者1名につきチェック表を1枚作成し、提出前に書類等の不備がないか、確認すること。
  2. 受講者推薦・申込書(様式2-1)
  3. 実務経験見込み申立書(様式2-2)
  4. 返信用封筒(受講申込者の人数分御用意ください。受講可否通知の送付に使用します。)
    94円切手を貼った返信用封筒[大きさ:長形3号 12センチメートル×23.5センチメートル](5名以上の申し込みの場合は、210円切手を貼った返信用封筒[大きさ:角形2号 24センチメートル×33.2センチメートル])
    返信用封筒には、受講申込者の送付希望先の住所、受講申込者の所属事業所名及び受講申込者名を明記してください。併せて、宛先に( 様、御中等)を記載してください。

【基礎課程(動画配信)】のみの受講を希望する場合の提出書類(サービス管理責任者等の研修要件)

  1. 提出書類チェック表(様式1)※申込者1名につきチェック表を1枚作成し、提出前に書類等の不備がないか、確認すること。
  2. 受講者推薦・申込書(様式3)
  3. 返信用封筒(受講申込者の人数分御用意ください。受講可否通知の送付に使用します。)
    94円切手を貼った返信用封筒[大きさ:長形3号 12センチメートル×23.5センチメートル](5名以上の申し込みの場合は、210円切手を貼った返信用封筒[大きさ:角形2号 24センチメートル×33.2センチメートル])
    返信用封筒には、受講申込者の送付希望先の住所、受講申込者の所属事業所名及び受講申込者名を明記してください。併せて、宛先に( 様、御中等)を記載してください。

 ※(様式2-2)実務経験証明書の記載例については、上記「実務経験証明書(様式2-2)※記載例」を御参照ください。

受講費用について

(1)1日あたり2,000円(研修資料代等 ※実費相当分)

【基礎課程・相談支援専門員課程の受講】動画配信+演習5日間+実習2日間 18,000円
【基礎課程のみの受講】 動画配信 4,000円

※受講費用は、受講決定通知に同封する振込書にて、お支払いしていただきます。振込書の控えを「受講票」に貼り付け、研修初日に御提出ください。詳しい支払い方法については、受講決定通知に同封します。

(2)テキスト代 3,520円(税込)

テキスト名:「障害者相談支援従事者研修テキスト(初任者研修編)」
 ※基礎課程を受講するためには、上記テキストを購入していただく必要があります。
 購入方法については、受講決定時にお知らせいたします。

相談支援専門員を目指す方へ

相談支援専門員を目指す方は、【基礎課程(動画配信)・相談支援専門員課程(5日間)】の研修受講のほかに、OJTを2日間受講する必要があります。

(参考)相談支援専門員、サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者の資格要件等

相談支援専門員とは、障害者等の相談に応じ、助言や連絡調整等の必要な支援を行うほか、サービス等利用計画・障害児支援利用計画の作成やモニタリング等を行います。

  • 相談支援事業を実施する場合、相談支援専門員を配置する必要があります。
    サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者とは、個々の利用者についてアセスメント、個別支援計画の作成、定期的なモニタリング等を行い、一連のサービス提供プロセス全般に関する責任を担うことによって、サービスの質の向上を図ります。
  • 障害福祉サービスのうち、生活介護、療養介護、自立訓練、自立生活援助、就労定着支援、就労移行支援、就労継続支援、施設入所支援、共同生活援助を実施する場合、サービス管理責任者を配置する必要があります。
  • 障害児通所支援(児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援、居宅訪問型児童発達支援)、障害児入所支援(福祉型障害児入所施設・医療型障害児入所施設)を実施する場合、児童発達支援管理責任者を配置する必要があります。

資格要件及び経過措置等については、次のファイルをご確認ください。

動画視聴(基礎課程)に当たっての留意事項(9月15日更新)

動画視聴に当たっての事前準備等について

 ◎動画視聴するためには、事前にメールアドレスを下記連絡先まで御提出いただく必要があります。(個人宛に連絡することもありますので、連絡の取りやすいアドレスの登録を推奨します。)入力フォームを有限会社プログレ総合研究所ホームページ(群馬県相談支援初任者研修のページ)よりダウンロードし、必要事項を入力後メールに添付し送信してください。

【提出先】

有限会社プログレ総合研究所
電話:027-330-2690
E-mail:taka@omiya-fukushi.co.jp
メールアドレス提出期限:9月25日(金)

※受講確認のため、受講後は振り返りシートを提出していただきます。講義は分野ごとに分かれており、振り返りシートも複数あります。各講義受講後に振り返りシートを作成するなど、計画的に進めていただき、「10月12日(月)」までに御提出いただきますようお願いいたします。
※eラーニング受講には、メールアドレスの登録が必須となります。メールアドレスを御登録いただかない場合は、未受講と判断し、振り返りシートの提出があったとしても修了証書を交付しないので、御注意ください。

テキストについて(購入必須)

 障害者相談支援従事者初任者研修テキスト初任者研修編(中央法規) 定価3,520円(税込)

  • eラーニングの講義は上記テキストを元に作成されているため、受講の際にお手元に上記テキストを御用意の上、受講いただきますようお願いいたします。御購入の際は、申込書で御注文いただくか、インターネットにて御注文いただきますようお願いいたします。

 ※今年度からカリキュラムが変わっているため、前回刊行されているテキストでは内容を網羅できませんので、最新のものを御購入いただきますようお願いいたします。
 ※注文してからお手元に届くまでの時間を考慮していただき、お早めに御注文いただきますようお願いいたします。
【参考】「中央法規 障害者相談支援従事者研修テキスト 初任者研修編」(外部リンク)

受講に当たっての注意点

  1. 受講期間は「10月1日(木)~10月9日(金)(終日)」で、職場のパソコンや御自身のスマートフォン等あらゆる媒体で受講することができますが、受講可能期間を過ぎてしまいますと受講出来なくなりますので、必ず期間内に受講してください。
  2. 受講するためには、専用サイトにログインする必要があります。ログイン時に必要な「メールアドレス」「パスワード」は必ず控え、大切に保管してください。
  3. 受講形式について、「1人パソコンで受講」「プロジェクターで投影し複数人で受講」など形は問いません。ただし、受講者を把握するために、eラーニングシステムに受講者のメールアドレスを登録していただく必要がありますので、メールアドレスの御登録につきましてはお忘れのないようお願いいたします。
  4. その他、研修開始前にお知らせする事務連絡等を必ず御確認ください。

課題について(9月15日更新)

課題1:「令和2年度相談支援従事者初任者研修 事前課題」の提出

相談支援専門員に必要な基礎知識を獲得するための問題集。

提出日・提出方法

10月12日(月)までにデータを下記連絡先に御提出ください。
(動画配信の振り返りシートと同様の締切日)

提出先

有限会社プログレ総合研究所
電話:027-330-2690
E-mail:taka@omiya-fukushi.co.jp

課題2:課外実習の実施、サービス等利用計画案等の作成と提出

  1. 本研修受講者自身が、地域生活をする(又は目指す)障害児・障害者に対して、ケアマネジメントの手法を用いた課外実習を行い、サービス等利用計画案・障害児支援利用計画案及び関係資料を作成していただきます。
  2. 様式は、追って群馬県ホームページに掲載します。
  3. 提出期限及び課題2の詳細については、研修の中でお知らせします。

参考文献について

  • 障害者相談支援従事者初任者研修テキスト初任者研修編(中央法規)定価3,520円(税込)
  • 相談支援専門員のためのサービス等利用計画作成事例集(中央法規)定価2,592円(税込)
     →(課題を作成する際の参考としてください。購入は必須ではありません。)
  • 令和元年度 相談支援従事者指導者養成研修会 資料公開(外部リンク)
     →URL「http://www.rehab.go.jp/College/japanese/kenshu/2019/soudanshien_siryou.html」

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2636
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。