本文へ
表示モードの切替
印刷

令和2年度相談支援従事者主任研修を開催します【※募集は終了しました】

 障害者等の意向に基づく地域生活を実現するために必要な保健、医療、福祉、就労、教育などのサービスの総合的かつ適切な利用支援等の援助技術の習得及び相談支援に従事する者の資質向上を目的とした標記研修を開催します。

実施主体

群馬県
ただし、有限会社プログレ総合研究所に委託して実施します。

研修日程

令和3年2月5日(金)
令和3年2月8日(月)
令和3年2月15日(月)
令和3年2月16日(火)
令和3年2月19日(金)

会場

群馬県庁29階292会議室

募集定員

20名程度

※受講決定可否の通知については、委託事業所から各事業所等へ郵送(申込書に同封された返信用封筒を使用)により行います。

研修内容・受講申込先等

研修内容及び申込方法は募集要項を御確認ください。
なお、申込みについては、市町村からのとりまとめでの申込みとさせていただきます。

申込期限:令和2年12月28日(月)【消印有効】
※郵送及び電子メール両方での提出となっております。

【郵送書類の申込先・問合せ先】

〒370-0045 群馬県高崎市東町70 イースト70ビル2階
有限会社プログレ総合研究所
群馬県障害福祉従事者等研修事業担当あて
電話番号:027-330-2690(平日9時00分~18時00分)

【電子メールの申込先】

有限会社プログレ総合研究所
E-mail:taka@omiya-fukushi.co.jp

【募集提出書類】

  1. 受講申込書(様式1)
  2. 市町村長推薦書(様式2)
  3. 過去の現任研修修了証書の写し
  4. 返信用封筒(受講可否通知の送付に使用します。)
     94円切手を貼った返信用封筒〔大きさ:長形3号12センチメートル×23.5センチメートル〕
     ※返信用封筒には、受講申込者の送付希望先の住所、受講申込者の所属事業所名及び受講申込者名を明記してください。
     併せて、宛先に( 様、御中等)を記載してください。

受講費用について

10,000円(研修資料代等 ※実費相当分)
(1日あたり2,000円)

課題について(更新)

課題内容

研修当日は、具体的な事例等を使用しての演習を行いますので、その準備として、下記の事前課題の取り組みをお願いします。
また、詳細については、別紙「提出課題について」を御参照ください。

事前課題1:相談支援事業所における運営管理(様式(1))

【課題】
主任相談支援専門員として、相談支援事業所の運営管理についてあらかじめイメージを持っていただくための課題です。運営管理上のリスク、苦情解決、組織のバックアップ体制等について記入してください。
【記入方法】
様式(1)に記入してください。

事前課題2:人材育成の地域での展開(様式(2))

【課題】
主任相談支援専門員として、活動エリアでの人材育成を実施することを想定して記入してください。
【記入方法】
様式(2)に記入してください。

事前課題3:スーパービジョンによる相談支援専門員支援(様式(3))

【課題】
これまでのご自身のスーパービジョン経験(スーパーバイジー経験、スーパーバイザー経験)に照らし記入してください。
【書式と記入方法】
□については、該当するものに☑(レ点)か■(塗りつぶし)をしてください。
様式(3)に記入してください。

事前課題4:地域援助の具体的展開1・2(様式(4))

  • 地域援助の具体的展開1
    あなたが活動する市区町村における「地域生活支援拠点の整備」について、整備に向けた取り組み状況や課題等について記入してください。
  • 地域援助の具体的展開2
    現在、支援を展開しているケースから2事例を選定し、例を参考に事例毎の地域課題を3つ以上抽出してください。
    【提出方法】
    様式(4)に記入してください。

提出方法

【提出日】令和3年2月5日(金)
※事前課題を会場へ持参し、受付時に一部ずつ御提出をお願いいたします。
 提出日に提出がない場合、演習の受講ができません。

新型コロナウイルス感染症対策について

(1)自宅での健康チェック

・次の項目に該当する方へは、研修への参加自粛を要請します。
ア)発熱の症状がある方(体温37.5度以上)
イ)咳、全身倦怠感等の感冒様症状や結膜炎、嗅覚障害、味覚障害のある方)
 (咳やくしゃみを伴う喘息など既往歴のある方は除く)
ウ)感染の流行地域への訪問歴が14日以内にある方

※講義・演習共に会場を用意して実施するため、上記の項目に該当する場合は研修受講困難であるとして、受講不可とします。(キャンセル料が発生しますが、修了証の発行は出来ませんので、御承知おきください。)

(2)入場時の体調チェック及び手洗い等について

  • 非接触式体温計を使用し、検温を行います。
  • 健康状態申告書の提出をお願いします。
     ※既往歴(例:咳やくしゃみを伴う喘息、花粉症等)の場合は入場を認めます。
  • 受付に設置したアルコール手指消毒液や液体石けんによる手洗いを徹底してください。
  • 入館後もトイレ等での手洗いを小まめに行うことを推奨します。
  • 入場時にマスクの着用をお願いします。
  • 状況によって、入退場に時間差を設けるなど人が密集しないよう工夫いたしますので、予め御承知おきください。

(3)飲食関連

・水分補給の際には、2メートル以上の間隔を空け、壁の方を向きながら飲むなど、御協力をお願いします。

(4)喫煙

・感染防止の観点から会場及びその周辺は禁煙とします。

(5)ゴミ関係

・ゴミの持ち帰りに御協力ください。

(6)換気

・一定時間(概ね1時間程度)が経過したら休憩を入れ、会場内の換気を行いますので御承知おきください。

(7)演習終了後

  • 収集した健康状態申告書に記載されている個人情報は、他に利用及び提供することはありません。
  • 参加者のリストは、県の関係条例等に準じて管理します。
  • 参加者は、14日間を目安に1日1~2回程度、発熱や症状の有無を確認してください。

(8)その他

・新型コロナウイルス感染症の影響の状況により研修の存続が難しい場合には、参加者に対して連絡をとり、場合によっては、研修の中止・実施時期の延期・実施方法の変更の可能性がございますので、あらかじめ御了解いただいたうえでお申し込みをお願いいたします。

(9)感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への御協力

  • 演習の参加者の中から感染者が出た場合には、その他の参加者に対して連絡をとり、症状の確認、場合によっては保健所などの公的機関に連絡がとれる体制を確保するようお願いしますので、御協力ください。
  • 参加した個人は、保健所などの聞き取りに御協力ください。また、濃厚接触者となった場合には、最終接触から14日間の自宅待機の要請が行われる可能性がありますので、御協力ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2636
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。