本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)費補助金に係る消費税及び地方消費税仕入控除税額報告について

※ このページは、群馬県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)費補助金(以下、「補助金」という。)の交付を受けた障害福祉サービス施設・事業所運営法人が仕入控除税額の報告を行うためのものです。
 なお、この支援事業のうち、「職員に対する慰労金の支給事業」のみ交付決定を受けた法人は、本報告書の提出は不要です。
 その他の補助金に関することは、それぞれ補助金の交付事務を行った部署にお問い合わせください。
 また、消費税の申告方法については、税理士や税務署に御相談ください。

1 概要

  • 課税事業者は、課税売上高に対する消費税額から、課税仕入れに係る消費税額等を控除した額を消費税として納付することとなっています。
  • 補助金収入は、消費税法上不課税取引に該当しますが、補助事業に掛かった経費を控除対象仕入税額に算入することも出来るため、報告された仕入控除税額は、事業者に対して重複して交付したことになります。そのため、県に返還をする必要があります。

2 仕入控除税額報告の要領

(1)報告対象事業者

  • 群馬県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)に係る補助金の交付決定を受けた事業者(返還額が0円の事業者でも報告は必要です。)
  • 標記支援事業のうち、「職員に対する慰労金の支給事業」のみ交付決定を受けた法人につきましては、本報告書の提出は不要です。

(2)提出期限

 令和4年3月18日(金)(必着でお願いいたします。)
 なお、必ずマニュアルを御一読の上、報告書の作成をお願いします。

(3)報告に必要な書類

ア 返還が生じない場合

返還が生じない場合の添付書類一覧
対象区分 添付書類
消費税の確定申告義務がない場合
簡易課税方式で申告している場合
特定収入割合が5%を超えている場合
補助対象経費は人件費等の非課税仕入のみである場合
個別対応方式で、対象経費に係る消費税等を非課税売上のみに要するものとして申告している場合

注) 添付する確定申告書は、補助金の交付決定を受けた会計年度の消費税確定申告書を添付してください。

イ 返還が生じる場合

(4)報告書の提出先及び問合せ先

提出先

 群馬県健康福祉部障害政策課
 〒371-8570 前橋市大手町1-1-1

提出方法

 紙媒体を郵送(封筒に「消費税仕入控除税額報告書在中」と朱書きしてください)

問合せ先

 マニュアルを御一読の上、御不明な点がありましたら、以下の担当部署までお問い合わせください。

  • 担当:障害政策課 感染防止対策支援事業担当
  • 電話:027-897-2894(直通)(平日9時00分~12時00分、13時00分~17時00分)
  • E-mail:shougai-corona(アットマーク)pref.gunma.lg.jp
     ※注:アドレスのうち(アットマーク)部分は、@に置き換えてください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2632
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。