本文へ
表示モードの切替
印刷

新型コロナウイルス感染症に係る知事メッセージ

感染症患者発生(2例目、3例目)に係る知事からのメッセージ(3月13日)

1 患者発生への対応

 3月12日、県内で2例目、3例目の新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。2例目、3例目の感染者の方については、現在、入院中であり、容態は安定しており、関係機関と連携して、感染経路の把握などの疫学的調査を進めております。
 疫学的調査により濃厚接触が確認された方には、2週間の自宅待機(外出自粛)をお願いし、毎日の体温測定と、発熱又は呼吸器症状が現れた場合には速やかに保健所へ連絡するよう依頼しています。症状があった方については速やかに衛生環境研究所でPCR検査を実施します。
 県では、疫学調査等の結果を踏まえ、専門外来やベッドの確保など、検査・医療体制の整備を進めています。あわせて全部局横断的な連携を図り、全庁を挙げて感染の拡大防止対策を強力に進めていきます。

2 県内経済対策

 観光業や飲食・宿泊業などにおいてキャンセルが多く発生しています。あらゆ る業種において、経営面での影響が広がってきている状況です。
 見えない敵である新型コロナウイルスとの戦いが中・長期化することも見据え た対策も必要であることから、県では感染拡大により影響を受けている事業者、 従業員への迅速かつ適切な支援策を講じていくため、国や市町村および経済団体 などの関係者で構成する「感染症対策産業経済総合支援本部」を本日立ち上げ、 全力を挙げて対応していきたいと考えています。
 また、資金繰りや経営に関すること、労働関係に関することについて、相談窓 口を設置しております。是非ご活用ください。

3 県民の皆さまへ(お願い)

 県民の皆さまには、国・県・市町村から発信される正確な情報に基づいて、冷静に行動していただくようお願いします。これまでと同様、手洗いや咳エチケットを徹底し、発熱等の風邪症状がみられる場合には、外出を自粛するなど、「かからない」「移さない」という工夫をしてください。
 集団感染の共通点は、「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」で発生していることです。換気が悪く、不特定多数の人が密に集まるような場所は、できる限り避けてください。
 新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、医療機関を受診する前に、帰国者・接触者相談センター(各保健福祉事務所・保健所、県保健予防課)にお問い合わせください。

 県としては、国や市町村、様々な関係機関と連携し、県民の皆様の安全を最優先に考えた感染拡大防止策を、迅速かつ的確に進めてまいります。この未曾有の危機を、県民の皆様と力を合わせてしっかりと乗り切っていきたいと思います。

令和2年3月13日

群馬県知事 山本 一太
 

県内における感染患者発生に係る知事からのメッセージ(3月8日)

1 患者の発生・対策本部の開催

 3月7日、県内で初めて、新型コロナウイルス感染症患者の発生が確認されました。これを受けて、知事を本部長とする第4回対策本部を開催しました。
 現在、太田市等と連携し、感染経路や濃厚接触者の把握など調査を進めています。濃厚接触者には、2週間の自宅待機(外出自粛)をお願いし、毎日の体温測定や発熱又は呼吸器症状が現れた場合は、速やかに保健所へ連絡するよう依頼しています。有症者が出た場合は、衛生環境研究所でPCR検査を実施します。
 県では、疫学調査等の結果を踏まえ、専門外来やベッドの確保など、検査・医療体制の整備を進めます。あわせて全部局横断的な連携を図り、全庁を挙げて感染の拡大防止対策を強力に進めていきます。

2 県民の皆さまへ(お願い)

 県民の皆さまには、国・県・市町村から発信される正確な情報に基づいて、冷静に行動していただくようお願いします。これまでと同様、手洗いや咳エチケットを徹底し、発熱等の風邪症状がみられる場合には、外出を自粛してください。
 また、集団感染の共通点は、「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」で発生していることです。換気が悪く、不特定多数の人が密に集まるような場所は、できる限り避けてください。
 イベントを開催する場合には、開催の必要性について検討するとともに、風通しの悪い空間をなるべく作らない、手指消毒用アルコールを設置するなど感染防止対策を十分に講じてください。

3 感染を疑う場合には

 新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、医療機関を受診する前に、帰国者・接触者相談センター(各保健福祉事務所・保健所、県保健予防課)にお問い合わせください。

4 その他の注意喚起

 他県において、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した消費者トラブルが頻発しているとの報告が寄せられています。本県でも今後、詐欺や悪質な便乗商法による被害の増加が懸念されます。
 不審な電話や訪問販売などがあっても、その場で直ぐに決めるようなことはせずに、最寄りの消費生活センター等にご相談ください。

 今後とも、国や市町村、関係機関と緊密に連携し、県民の皆様の安全を最優先に考えた感染拡大防止策を、迅速かつ的確に進めていきます。

  令和2年3月8日

群馬県知事 山本 一太

「感染予防のために、できること。」(外部リンク)
 

群馬県における新型コロナウイルス感染症への対応について(2月26日)


 令和元年12月、中華人民共和国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの世界的拡大が続いています。日本国内でも感染者が増加している状況を踏まえ、本日、県内での感染拡大防止のため、「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催しました。
 議論を重ねた上、「県主催のイベント開催基準」を別紙のとおり策定しました。

 県としては、この基準の中で、不要・不急の県主催のイベントについては、当面、1ヶ月の間(2月27日~3月26日)は、原則、中止又は延期する方針を決めました。
 この考え方を受けて、各地域や企業等及び県民の皆様には、以下の4点について御協力をお願い申し上げます。

1 イベント等を主催する際には、感染拡大防止の観点から、感染の広がり、 会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて精査し、不要・不急なもの については中止又は延期も視野に入れた検討を行う。

2 県民の皆様には、感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診す ることや、感染しやすい環境に行くことを避けていただく。相談センター又はかかりつけ医に相談した上で受診してもらう。

3 手洗い、咳エチケット等の対策を徹底すると共に、風邪症状があれば、外出を控える。やむを得ず外出する場合には、しっかりとした感染症対策をとる。

4 感染拡大を防ぐため、体調が悪いときは出勤や登校を控える。事業者や学校関係者は、従業員や児童・生徒等が休みやすい環境づくり、テレワークや時差出勤など働き方の工夫をする。

 なお、不足の状況が続いているマスクについては、国に対して至急の対策を要請中です。

  県民の皆様には、今後も随時、正確で分かりやすい情報提供等を行ってまいります。引き続き、冷静な対応をお願いいたします。


 令和2年2月26日
群馬県知事 山本 一太


(別紙)新型コロナウイルス感染症に係る県主催イベントの開催基準について(PDF:68KB)
新型コロナウイルス感染症について

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部保健予防課内
新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-224-8200
FAX 027-223-7950
E-mail hokenyobo@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。