本文へ
表示モードの切替
印刷

児童扶養手当と障害年金の併給調整が変わります

令和3年3月分手当(令和3年5月支払)から障害基礎年金等を受けている方の児童扶養手当の額の計算方法が変わります。

変更となる方

 障害基礎年金等(※注)を受給されている児童扶養手当受給資格者の方です。
 ※注 「障害基礎年金等」とは国民年金法による障害基礎年金、労働者災害補償保険法による障害補償年金などです。厚生年金保険法による障害厚生年金は含まれません。

変更1:併給調整の方法

 障害基礎年金等の子の加算部分の月額が児童扶養手当の月額(全額支給の場合43,160円)より低い場合には、その差額分を児童扶養手当として受給できるようになります。
 変更前は…子の加算部分を含む障害基礎年金等全体の月額と児童扶養手当の月額を比較していたので、児童扶養手当は支給されませんでした。

【手続き】

  • 児童扶養手当の認定を受けている方は、原則、不要です。
  • 障害基礎年金等を受給していて、児童扶養手当の認定を受けていない方は、児童扶養手当の請求が必要です。
     3月1日以前に事前申請を行うこともできます。

手当の詳細は「児童扶養手当について」をご覧ください。

変更2:所得の算定方法

 児童扶養手当の月額は、受給資格者の前年の所得により、その全部または一部が支給停止になる場合がありますが、この所得に「非課税の公的年金給付等(※注)」が加わります。
 ※注 「非課税の公的年金等」とは、国民年金法や厚生年金保険法などによる遺族年金、障害年金、労働者災害補償保険法による労災年金などの公的年金、労働基準法による遺族補償などの非課税所得が該当します。

 変更前は…児童扶養手当の月額を決定する所得は、地方税法の非課税所得以外の所得で、非課税所得である公的年金などは含まれませんでした。

お問い合わせ

  • お住いの市町村の児童扶養手当担当課、または県庁児童福祉・青少年課までお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活こども部児童福祉・青少年課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2624
FAX 027-223-6526
E-mail jidosei@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。