本文へ
表示モードの切替
印刷

山本知事による新成人向けメッセージ動画について

新成人の皆さんに向けた、山本知事からのメッセージです。

メッセージ内容

 新成人の皆さん、おめでとうございます。群馬県知事の山本一太です。
 皆さんは二十歳になって、これから一人の社会人として認められることになります。同時に、社会の一員としての責任も背負っていくことになります。人生の新しいステージに立った新成人の皆さんに、群馬県知事として、次の三つのメッセージを贈りたいと思います。
 一つ目のメッセージは、失敗をおそれるなということです。統計的にいうと、新成人の皆さんはほとんどの方々が百歳まで生きることになります。ということは、これから五十年近く働いて、引退した後も三十年間、第二・第三の人生が続くということなんです。だから今、多少失敗するとか、挫折するとか、それはたいしたことではありません。いろんな新しい挑戦がまだまだ、皆さんの未来に待っている。だから、失敗をおそれずに勇気を持って、やりたいと思ったことにチャレンジしてもらいたいと思います。
 群馬県知事の二つ目のメッセージは、幸せ、幸福の定義を自分達で作ってほしい、こういうことなんです。世界は大きく変わっています。AIとか、IoTとか、5Gとか、こうした先端技術が普及するにしたがって、世界はますますボーダレスになってきています。その中で日本においても、これまでの固定観念みたいなものが崩れつつあると、私は思っています。一昔前までは例えば、いい学校に行って、いい会社、大きな会社に就職して、安定した収入を得る、みたいなことが一つの幸せの形だったように言われていたときがありました。今は、違います。幸せの定義は、ありません。プロトタイプはありません。皆さんが作っていくんです。ですから、もちろんいい会社に入る、いい収入を得る、こういうことも大事ですが、私は、新しい時代の新成人の皆さんには、それよりも、自分がどう生きたいのか、何をすれば自分が充実した人生を送れるのか、そういうことを考えていただきたいなと、そう思っています。
 三つ目のメッセージは、生まれ育った群馬県の魅力をぜひ再発見してほしい、そういうことです。群馬県は、魅力にあふれた場所だと思います。首都圏に近い。東京から新幹線で五十分くらいで群馬県に来られる。にもかかわらず、東京にない美しい自然があって、おいしい空気があって、そしておいしい農産物が食べられる。温泉にも行ける。物価も全国でトップクラスに安い。そして、東京よりも広い家に住める。にもかかわらず、群馬県は何となく、その実力に見合った評価を得ていない。だから私が知事になって、群馬県のすばらしさを世界中に発信しようと、そう思って今、いろんな事業を展開しています。皆さんのこれからの長い長い人生の中で、いつでもいいんです。ぜひふるさとの群馬県に戻ってきてほしいなと、知事としてそう思っています。そして一緒に、わくわくするような群馬県を作っていこうじゃありませんか。
 今日は残念ながら、皆さんの晴れ姿を拝見することはできませんが、これからいろんな機会で新成人の皆さんの会合で会ったとき、皆さんがさらに成長している、その姿を見ることを楽しみにしています。
 新成人の会合に呼ばれたら、つまんないスピーチはしません。そのときは歌おうと思っています。私がアコギを弾きながら、Official髭男dismのPretenderか、あいみょんのマリーゴールド、どっちかを歌わせていただこうと思ってますので、ぜひ楽しみにしていてください。
 皆さんが新しいスタートを切った、そのことに対して心からお祝いを申し上げたいと思います。おめでとうございます!

このページについてのお問い合わせ

こども未来部子育て・青少年課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2393
FAX 027-226-2100
E-mail kosodateka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。