本文へ
表示モードの切替
印刷

【2020年度内閣府青年国際交流事業】参加青年の募集について

内閣府では、国際社会・地域社会で活躍する次世代グローバルリーダーの育成を目指し、船と航空機を用いた6つの青年国際交流事業を実施しています。日本と世界各国の青年との交流を通して、相互理解と友好を深め、広い国際的視野とリーダーシップを身に付けるプログラムです。日本代表青年として各国の選抜された青年と研修・交流を行い、自分を成長させてみませんか?

参加青年を募集する事業

  1. 「東南アジア青年の船」事業
  2. 「世界青年の船」事業
  3. 国際社会青年育成事業
  4. 日本・中国青年親善交流事業
  5. 日本・韓国青年親善交流事業
  6. 地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」

応募資格・欠格事由

  1. 2020年度内閣府青年国際交流事業の応募要領及び事業概要(青年国際交流(内閣府ホームページ:外部リンク))による。
  2. 住所等の要件については、原則として応募時点で群馬県内に住民票住所がある者とする。
     ただし、学業等の理由により、応募時点で群馬県内に住民票住所はないが、事業終了後、群馬県に住民票住所を移して事後活動を行うことができる者も応募可能とする。

応募方法

  1. 応募方法は、2020年度内閣府青年国際交流事業の応募要領及び事業概要による。
  2. 応募書類は、群馬県こども未来部子育て・青少年課へ郵送または持参により提出すること。
  3. 応募書類は、青年国際交流(内閣府ホームページ:外部リンク)からダウンロードする。

募集期間(応募書類提出期限)

令和2年3月23日(月)までとする。【必着】

提出先

 〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
 群馬県こども未来部子育て・青少年課 青少年育成係

選考

(1)選考方法

 書類選考及び面接試験による。

(2)面接試験

  • 期日:令和2年4月7日(火)実施予定
     なお、集合時間等の詳細については、応募者本人に別途通知する。
  • 経費:試験を受けるために必要な交通費等は、応募者本人の負担とする。

(3)決定通知

 応募者全員に、令和2年4月15日(水)までに団員候補者としての合否を連絡予定。

内閣府への推薦

群馬県知事は、上記の選考結果に基づき、適格者を団員候補者として内閣府青年国際交流担当室長に推薦する。
その後、内閣府において、被推薦者を改めて書類選考し、その合格者に対して最終選考の上、参加青年を決定する。

注意事項

応募に当たっては、次の事項に留意すること。

  1. 長期間のプログラムであることから、仕事や学校等の都合で途中辞退することのないよう、参加について事前に勤務先や学校等に打診しておくこと。
  2. 最終合格者は、研修(事前、出発(航)前、帰国後)に必ず全期間参加すること。
  3. 国際社会青年育成事業における訪問国の決定に当たっては、定員の関係から必ずしも第1希望のとおり決定するとは限らない。
  4. 各事業の詳細及び経費負担等については、青年国際交流(内閣府ホームページ:外部リンク)に掲載している応募要領及び事業概要によること。

※ 世界青年の船事業に関しては、経済的理由により参加費の納付が困難な場合に、参加費の免除を申請することができる。

その他

  1. 応募書類等は、返却しない。
  2. 事業参加者は、積極的に事後活動に参加するため、日本青年国際交流機構及び群馬青友会に入会すること。

問い合わせ先

内閣府青年国際交流担当室(電話 03-6257-1434)または群馬県こども未来部子育て・青少年課 青少年育成係(電話027-226-2393)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活こども部児童福祉・青少年課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2393
FAX 027-223-6526
E-mail jidosei@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。