本文へ
表示モードの切替
印刷

「東国文化副読本」(2021年度版)について

「東国文化副読本」の写真

県では、多くの子どもたちが古代東国文化(こだいとうごくぶんか)の中心地であった群馬が果たした大きな役割を知り、郷土の歴史や文化に興味を持ってもらいたいとの思いから、「東国文化副読本」を作成しています。
令和3年度は、授業や家庭学習で、さらに学習効果を高められるよう、一人一台パソコン・タブレットで使いやすいデジタル版「東国文化副読本」を公開しました。
群馬がなぜ東日本最大の古墳大国になった理由や当時の暮らし、代表的な史跡などについて、写真やイラスト、20本以上の動画を用いてわかりやすく解説しています。
さらに、2021年度版では、国宝化が決定した高崎市の綿貫観音山古墳出土品や本県の誇る埴輪、榛名山噴火関連遺跡についての解説を充実させました。
県民の皆さんに本県の魅力ある歴史文化遺産を再認識していただくきっかけとして、是非ご活用ください。

1 デジタル版「東国文化副読本」の利用について

以下のURLから無料で誰でもご利用いただけます。
 デジタル版「東国文化副読本」(外部リンク)

URL https://hani-gunma.jp/2021gunmatougoku/top.html

使い方のポイント

  • 2次元コードをクリックすると動画やVRプロモーション映像が見られ、文章や写真だけでなく映像で古墳や遺跡についてわかりやすく学ぶことができます。
  • ペンやふせんを使ってメモを入力できるので、学習のポイントを残しておくことができます。
  • 目次やキーワードをクリックすると、詳しく解説しているページに自動的に移動し、学びを深めることができます。

※詳しくは、以下の「デジタル版「東国文化副読本」の使い方」をご覧ください。

もっと詳しく知りたい方へ

「東国文化副読本」にリンクされている動画のほか、群馬県立歴史博物館の学芸員が解説する子ども向け動画や、右島特別館長がより詳しく解説するオンライン講座など様々なテーマの動画を用意しています。授業のほか、家庭学習や自由研究の教材にオススメです!

※詳しくは、以下の「群馬の古墳・埴輪関連コンテンツ一覧」をご覧ください。

2 冊子版「東国文化副読本」の販売について

下記の県機関及び県内各書店で購入できます(税込み269円)。
事前に各書店に問合わせの上、お買い求めください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

地域創生部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2525
FAX 027-243-7785
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。