本文へ
表示モードの切替
印刷

「はじめての文化体験事業」被派遣団体募集【4月15日締切】

「はじめての文化体験事業」の被派遣団体としての登録を希望する団体(文化団体)を募集します。
応募される方は、以下の様式に記入し、4月15日(水)までに群馬県地域創生部文化振興課まで提出してください。

  • 団体登録票(様式第1号)
  • 誓約書(様式第1号-1)
  • 課税事業者届出書又は免税事業者届出書(どちらか当てはまるものをご提出ください。)
  • 団体の活動実績がわかる書類(様式は任意)

事業概要

 優れた文化芸術活動を行っている県内のアマチュア文化団体を有償ボランティアとして地域に派遣し、子ども向けの公演、講話、実技披露、ワークショップなどを行います。

実施団体(学校等)

 県内の保育園、幼稚園、公民館、小学校、学童クラブ、福祉施設、病院など。(原則、小学生以下対象)

実施団体(学校等)数

 10~20団体

被派遣団体(文化団体)

 被派遣団体として登録するのは、以下のすべてに該当する団体です。

  1. 県内に活動拠点があるアマチュア文化団体であること。
  2. 一定の活動実績があること。
  3. 子どもたちが普段触れる機会が少ない文化芸術活動を行っていること。
  4. 社会貢献を行う意志があること。

 ※登録の有効期限は、令和3年3月31日までです。

プログラム内容

 子ども向けの公演、講話、実技披露、ワークショップなどで教育的配慮がなされているものとします。
 必要に応じてプログラム内容を調整することがあります。

プログラムの例

  • 演劇ワークショップや小劇場体験
  • 和楽器の歴史についての講話・鑑賞・演奏体験
  • バレエや舞踊の講話・鑑賞・体験
  • 郷土芸能の鑑賞・体験

派遣費用

 被派遣団体に対して、本事業の実施に必要な謝金、旅費、会場設営費、教材費等について、1プログラムにつき10万円を限度に県が負担します。

 ※会場に設置されているピアノ等の調律料は、派遣費用の対象外となります。
 ※1プログラムとは、内容が複数回(基礎・実践・発表等)で目標を達成するものとなっている場合、その全体を1プログラムとします。準備の時間を除き、概ね1時間~3時間とします。
 ※子どもたちの参加費は、原則として無料とします。
 参加保険料は、主催者(派遣先の実施団体)の対応とします。
 ※被派遣団体が該当プログラムの実施につき市町村などから謝金を受ける場合は、本事業の対象となりません。

事業の流れ

  1. 文化団体が県へ「登録票」(様式1号)及び「誓約書」(様式1号-1)等を提出
  2. 県が文化団体を審査し、登録の可否を決定
  3. 被派遣団体(文化団体)の公表(県ホームページに掲載)
  4. 実施希望団体(学校等)が県へ「実施申出書」(様式第2号)及び「誓約書」(様式第2号-1)を提出
  5. 実施団体(学校等)の決定
  6. 被派遣団体を内定、被派遣団体(文化団体)が県へ「実施計画書」(様式第3号)及び「見積書」を提出
  7. 県と被派遣団体とで派遣契約を締結
  8. 事業の実施 7月20日~3月31日(予定)
  9. 以下の書類を県へ提出する。
     被派遣団体(文化団体):「完了報告書」(様式第4号)
     実施団体(学校等) :「完了確認書」(様式第5号)・「実施状況調」(様式第6号)・体験者の感想文

※派遣費は、事業終了後、完了報告書を提出していただいた後に県から文化団体(被派遣団体)に対して支払われます。

各種様式

補助金等の情報ページへ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2593
FAX 027-221-0300
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。