本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県戦略的文化芸術創造事業 千住明総合プロデュース 「伝統と革新」舞台芸術公演の開催について【2月6日、3月27日開催】

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの幕開けを飾る、日本博の文化プログラムとして実施する「群馬県戦略的文化芸術創造事業」の舞台公演を、高崎芸術劇場で開催します。
日本を代表する作曲家である千住明氏を総合プロデューサーに迎え、今年、創立75周年を迎える「群馬交響楽団」の演奏と、映像・現代アートのプロデューサーである田村吾郎氏が作成する映像との組み合わせによる革新的な公演です。

公演内容

1 SENJU CUBE~千住 博、千住 明、千住 真理子 3人の兄妹によるコラボレーション~

開催日:令和2年2月6日(木) 19時00分開演(18時15分開場)

  • 世界的に活躍する三兄妹のコラボレーションによるスペシャル公演
  • 曲目:ヴァイオリンとストリングスオーケストラの為の「四季」ほか
  • 映像:千住博氏制作による日本画と群馬の原風景を田村吾郎氏が映像化
  • 出演:作曲・編曲・指揮:千住 明、バイオリン:千住 真理子、ピアノ:若林 顕、オーケストラ:群馬交響楽団

2 オペラ「万葉集~明日香風編、二上山挽歌編」

開催日:令和2年3月27日(金) 19時00分開演(18時15分開場)

  • 新元号「令和」の命名のもととなった日本最古の歌集「万葉集」が題材
  • オペラ万葉集の音楽とともに、四季をテーマに描いた映像作品を上映
  • 天平衣装をまとった若手ソリストが万葉の世界を表現
  • 今回新たに公募で合唱団を編成
  • 出演:作曲・指揮:千住 明、ソプラノ:小林 沙羅、メゾソプラノ:谷口 睦美、テノール:鈴木 准、バリトン:与那城 敬、オーケストラ:群馬交響楽団
  • 台本:黛 まどか

会場

高崎芸術劇場 大劇場

主催

群馬県、群馬県戦略的文化芸術創造事業実行委員会

協力

SENJU LAB、桐生音協

チケット

  • 定  員:各回2,000人
  • 発売日:令和2年1月8日(水)
  • 料  金:S席/6,000円、A席/5,000円、B席/4,000円、B席のみU-25/2,000円

チケット取り扱い

問合せ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2593
FAX 027-221-0300
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。