本文へ
表示モードの切替
印刷

平成27年8月教育委員会会議定例会の会議録

1 期日

 平成27年8月18日(火)

2 場所

 県庁24階 教育委員会会議室

3 出席者

 坂本壽枝委員長、眞保智子委員長職務代行者、山田浩史委員、天田清之助委員、吉野勉教育長

4 事務局出席者

 佐藤喜治教育次長、田村充教育次長(指導担当)、小笠原祐治総合教育センター所長、荒井進総務課長、吉澤幸夫管理課長、三田功福利課長、野村晃男学校人事課長、三好賢治義務教育課長、山口政夫高校教育課長、武藤勉特別支援教育室企画主監、下田明英生涯学習課長、洞口正史文化財保護課長、高田勉健康体育課長、内田善規総務課次長、齊藤猛総務課補佐(行政係長)、田中さやか総務課主任

5 開会の宣言

 午後1時、委員長、教育委員会会議の開会を宣す。
 傍聴人は1名であることを報告。

6 委員の欠席届について

 委員長が小池委員から欠席の届出があったことを報告。

7 会議録署名人の指名

 委員長が今回の会議の会議録署名人に眞保委員を指名

8 教育委員会の行事日程

 教育委員会の主要行事日程及び次回定例会議の日程について、委員長が説明

9 議案審議

 議案審議に先立ち、委員長から第22号議案については意思形成過程の案件、第23号議案については教育委員会表彰に関する案件であることから、審議は非公開で行いたい旨の発議があり、全員賛成で議決した。
 次に、事務局から傍聴人に対し、傍聴資料を配付した。

10 教育長事務報告

(教育長)
 まず、夏休み期間中の本県高校生のスポーツの活躍などについて報告する。

 7月28日から、近畿で開催されている全国高等学校総合体育大会、いわゆるインターハイにおいて、陸上女子400メートルで新島学園の岩田選手、また、フェンシング女子個人フルーレで高崎商科大附属の遠藤選手、女子個人エペで同じく高崎商科大附属の登坂選手が準優勝した。

 ほかにも、レスリング男子96キロ級で館林の吉澤選手、ウェイトリフティング男子105キロ超級のスナッチ、トータルの2種目で利根実業の高橋選手、柔道女子78キロ超級で常磐の下山選手が、3位に入賞した。

 団体種目では、レスリング男子学校対抗で館林、空手道女子の学校対抗と団体組手で高崎商科大附属、フェンシング女子学校対抗で同じく高崎商科大附属、ソフトボール男子で新島学園がそれぞれ5位に入賞するなど、多くの高校生の活躍が見られた。

 次に、主な出席行事について報告する。

 前回の教育委員会会議以降の主な行事について報告する。

 7月29日の県中学校総合体育大会の開会式には、山田委員に出席いただいた。

 また、8月3日には、今年度2回目の地区別教育行政懇談会を開催した。今回は、利根教育事務所管内の市町村教育委員長・委員と「利根沼田地域における教育の諸課題について」をテーマに、市町村教育委員会の取組や課題等について、情報交換した。

 8月10日には、臨時県議会が開かれ、委員長と私が出席した。

 8月15日には、群馬県戦没者追悼式に委員長と私が出席した。

 この他の事務報告につきましては、関係所属長から報告する。

(委員長)
 続いて、順次報告をお願いする。

(高校教育課長)

(1)富岡・甘楽地区及び吾妻地区新高校の概要

 富岡・甘楽地区及び吾妻地区新高校の概要について、設置課程、設置場所、開校時期、移行措置、教育構想などを、資料1により報告。

11 議案審議(非公開)

 ここで、委員長から、これからの審議は非公開で行う旨の発言があり、傍聴人は退室した。

(1)第22号議案 教育委員会の点検・評価についてを附議

 総務課長、原案について説明

 異議なく原案のとおり承認

(2)第23号議案 社会教育功労者群馬県教育委員会表彰についてを附議

 生涯学習課長、原案について説明

 異議なく原案のとおり決定

12 教育委員会記者会見資料について

 教育委員会記者会見資料について、異議なく原案のとおり決定

13 閉会の宣言

 午後1時25分、委員長、教育委員会会議の閉会を宣す。

教育委員会会議の概要へ戻る

このページについてのお問い合わせ

教育委員会事務局総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4526
FAX 027-243-7786
E-mail kisoumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。